2020年3月21日

誓約書作っていました

占い師紹介サービスを始めるにあたって、色々と資料作りを行っていました。「機密保持および個人情報に関する誓約書」なるものを作っていました。こういうのがあると何となくそれっぽい感じがしてきますよね(笑)

さらにトップページから入る1ページ目に「ご利用の前に必ずお読みください」のページを作りました。バナー表示の見方に加え、リスクありますよ!の説明をしました。霊感商法だったり金銭トラブルだったりの説明です。

今は知り合いの占い師さんたちばかりが掲載されていますが、ゆくゆくは全く知らない占い師さんが掲載されてくることになります。すべて自己責任で使用してくださいねってことです。

ただ、知らない占い師さんたちからすれば、「お前が一番怪しいわ!」って言われそうですけどね(笑)まっ、それは事実ですので否めません(泣)

この占い師紹介サービスがどこまで広がっていくのかはわかりません。しかし、一度落ち着いたら、またグーグル広告出したいと思っています。

8¥1000

朝5:30に目が覚めました。起きると同時にスマホにて検索。

「夢占い タクシー ぼったくられる」

こんなキーワードでは無理だろうと思いきや、なんとヒット!あるんかい!

私は夢の中でタクシーに乗っていました。男性ドライバーの方が運転しています。景色がドンドン田舎になっていき、海岸線沿いの丘の上で車が停車。

「お金払え。でなければここに置いていく」

手渡された請求書は8万1000円!
何それ?

勝手にここに連れて来られて意味わからんわ!しかし、よくその請求書を見るともっとわからんことが!

「8¥1000」
「?」

これって8万1000円じゃないじゃん!ってか、これいくらなの?8×¥1000ってこと?

運転手に尋ねようとしたその時、私は目覚めてしまいました。もはや、これは永遠のなぞ。これはいくら払えば良かったの?ちなみに「夢占い タクシー ぼったくられる」の意味に興味のある方は検索してみて下さいね。ちゃんと出てきますから(笑)