2020年3月2日

ん?和歌山で広まっている?

この前、和歌山から来られたお客様がカバラットで鑑定を受けていかれました。札幌観光のおり、たまたま通りかかり看板を見て来られたんです。最初は10分、延長してもう10分、さらにお友達との待ち合わせの時間を伸ばしてもって、もう15分の延長と結局35分の鑑定をされていかれました(笑)

とても満足して頂けたようですが和歌山からでは、そうそうまた来れません。一応、名刺を渡し、電話鑑定もできることをお伝えしました。

その三日後…

和歌山に帰ったその方から電話鑑定の依頼。同じく若山に住む知り合いの女性を占って欲しいとのこと。35分の鑑定を行いました。

そして今日…

今度はそのお姉さんから電話がきました。35分の鑑定では明らかに時間が足りなかった様子。1ヶ月電話占い放題の話をしました。ホームページで見て見るとのことでしたが、ひょっとすると利用してくれるかも知れません。

にしても、思いがけず和歌山でカバラットブーム?(笑)嬉しい限りです。

そろそろ電話をもう一台用意しないといけなくなりそうです。最近は、ずっと電話鑑定している状況ですからね。これ以上増えると通常のお問合せなんかが繋がらない状態になってしまいます。

今、持っているスマホを海景先生に渡してしまおうと思っています。それをカバラットのメインの電話としますので、その中に入っている占い師さんたちとのやり取りを彼女にやってもらおうかなと。

そして、電話鑑定用のスマホ一台と私の個人用スマホを一台用意しようかなと。だったら一台を固定電話にすべきなんでしょうけどね。

きっと、電話占い放題の利用者が18人を超えてくるとパンクするのかなと思っております。少しずつお客さんも占い師さんも増えてきています。私一人と毎日お話するよりも、たくさんの占い師さんたちに鑑定してもらえる方が良いに決まっていますからね。

なんかやっている

そんな活気みたいなものがお客さんにも占い師さんたちにも感じてもらえると嬉しいです。先日、とある方から聞かれました。

「社長の仕事って何?」

勿論、私は理解しております。

①仕事を取ってくる
②資金を調達してくる
③人を適材適所に配置する

これが一般的に言われている社長の仕事です。しかし、私はここにもうひとつ加えて考えております。

④社員に希望を与える

人は色々な目的で働いています。単に生活のために働く人もいれば、人生をかけて働いている人もいます。楽しんで働いている人もいれば苦しみながら働いている人もいます。これは天地ほどの差が生じてきます。

働いていて楽しい!
もっと頑張ろう!

こうした気持ちにさせる核となっていのは「希望」だと私は思っています。つまり、その希望を与えることができれば従業員が満足する。そして、従業員が満足すれば会社が満足する。会社が満足すれば社会が満足する。社会が満足すれば国が満足する。そうなれば…

私が満足するんです(笑)

人々に希望を与えるための占い。私はそれをモットーに占い師として活動を行っております。それは従業員に対しても同じだと言うことですね。

希望を与える。それは成功した未来のイメージを与えるんです。それをより具体的にかつ現実的にね。

なんかやっている。それが活気となり、もしかしたら成功するかもというイメージとなり、自分もやってみようとなっていく。活気が活気を呼びますからね。

現在、世の中の社会情勢はとても暗いと言えるでしょう。コロナウイルスの影響で多くの人が辛い状況になっています。でも、辛い時こそ元気にいくしかないんです。

皆さんはなんかやっていますか?カバラットはなんかやっていますよ!(笑)