2020年2月25日

浮気をしながらの独立

人生の転機は誰にでも訪れるものです。卒業、入社、結婚、転職、離婚、引越…

輝かしい未来に向けて希望を抱き、ワクワクしながら生きていくんですけどね。神様はとても意地悪です。ハッピーな展開ばかりにはしてくれません。

人生の転機となるような大きなイベントが同時に来る場合があります。結婚にともなう退職。離婚にともなう引越。どうしてもワンセットとなってしまうことがありますからね。しかし、そんな中でも多いと感じるのがこんな展開です。

「浮気をしながら事業を起こして失敗。借金を背負って離婚をし、浮気相手にも捨てられてしまう」

ここにはいくつかの理由があると思うんですよね。まずは優先順位が明確になっていないと言うことです。愛を選ぶのか金を選ぶのかが明確になっていない。人生をかけた勝負はどっちなんですか?ってことです。熱意が半分となってしまえば、そりゃ失敗するでしょう!って思います。

次は甘えだと思います。事業を起こすということはその人は社長になるということです。つまりは経営者です。経営者はとても孤独です。全責任を背負い、すべてのことを決定していかなければなりません。周囲の敵の数も一気に増えますので精神的にタフでなければ務まりません。現実逃避。その逃げ先が浮気に繋がっていると言うことです。

自然には変化があります。春夏秋冬、晴れ、雨、雪、台風、寒波…

人の人生も必ず変化があります。黙っていても老化していく訳ですからね。良い時もあれば悪い時もある。そんな転換期には色々なことが同時に起こるものです。

しかし、そこを勘違いしてはいけません。それは同時に起こっているのではなく、同時に起こしているっていうことをね。すべては自らが行っていることです。種をまかなければ芽は出ません。種をまいたから芽が出たのです。

波風を立てるという表現があります。これは勝手に風が吹いて波が生じたってことではありません。おけの中の水は止まったままです。そこに手を入れるから水が動き出すのです。

人智ではどうしようもないことがあります。天変地異を筆頭になすすべがないことも存在することでしょう。しかし、それを気にしていては生きていくことができません。それは定めなんでしょうからね。

多くのことが勝手に起こっている訳ではありません。それは自らが転機の上に転機を重ねるから大転機になっていると言うことです。

にしても、カバラットデータバンクによれば、浮気をしながら商売を始めて成功した奴を見たことがないんですよね(笑)

商売を成功させながら浮気をしている奴はたくさんいますけどね(笑)