2020年1月17日

そろそろ確定申告の準備

通常は毎月きちんと経理処理をしていたんです。しかし、昨年の7月からずっと放置したまま。さすがに半年分の領収書ともなると結構なボリュームがあります。

月別に分け、日付順に並べて弥生会計に入力していく。その後、ファイルに領収書をペタペタと貼っていく作業。ってか、半日で終わってしまった(笑)

私が優秀なのか、はたまたそれぐらいしか取引がないのかは不明ですが思いのほか早く終わって一安心。しかし、これは主だった経費計上だけのお話。めんどい作業はまだまだ続きます。

確定申告は2月15日?~3月15日?だったはず。すぐに手続きできるように資料だけは今のうちから用意しておきたいと思っています。

弱小カバラットでは税金について語れませんけどね(泣)でも、税金についてはあんまし深く考えていません。

「どうせ払わんといかんもん」

だったら誤魔化すより、もっと多く稼げば良いって思うんですよね。

売上が年間1000万円を越えてしまうと消費税を支払わなければなりません。消費税は10%ですから、100万円を支払わなければならないことになります。

年間の売上が999万円だった場合、この100万円という消費税は支払う必要はありません。たった1万円の違いで100万円からの違いが出てくるルールとなっています。

「年間売上が1000万円を超えないようにしないと…」

私はそうは考えていません。なぜなら「どうせ払わんといかんもん」だからです。

そもそも年間売上が1000万円前後だから、そんな風な発想になってしまうと思うんですよね。これが5000万円とか1億円とかだったら始めから諦めますよね。小細工できないぐらいのレベルになってしまえば「消費税は払うもの」と認識すると思うんです。

ちなみにですが月商84万円ぐらいで年商1000万円を越えてきます。

月商84万円か…
う~ん…

カバラットには関係ないお話でしたね(笑)皆さん、税金はきちんと納めましょうね!