2019年12月25日

人生を変えたいなら…

物事には二面性があります。

善と悪
生と死
男と女
動と静

今、あなたが生きている日常。そこにも二面性があるってことです。人生に「もしも…」とか「だったら…」なんてことを考えているようでは空想の領域を出ることが出来ません。

その代表例が「もしも、宝くじが当たったら…」ではないでしょうか?(笑)空想の世界の中でそれらを楽しむことは良いことでしょう。それを夢と呼ぶ人もいるでしょうね。しかし、夢は所詮は夢です。あなたがその夢を叶えるためには考えているだけではいけません。

思考は現実化するとは言います。しかし、実際には念じたり思っただけで現実になるなんてことは物理的にあり得ません。思ったことを実行するから現実になるんです。


現状に満足していない
自分の人生を変えたい
生まれ変わりたい


であるならば、今の生活の裏側に目を向けてみましょう。物事には二面性があります。表に満足していないのであれば裏に満足する世界が待っているかも知れません。


今のあなたはどのように生きていますか?
今のあなたは何を重要視していますか?
今のあなたは何を恐れていますか?


あなたの中の基準を180度変えてみる。コインを裏返してみる。そこには空想の中だけだった世界が広がっています。生き方という選択肢は無限に広がっています。しかし、その中でも実際に選ぶ選択肢は限られています。

大好きなサッカーの応援をしながら野球の練習をし、バスケットの試合に出る。このようになると、もはや自分が何に興味を持ち、何をしたいのかすらわからない状況になってしまいます。

あり過ぎる可能性が逆にあなたを苦しめているんです。話はもっとシンプルで良いんです。何がしたいの?どうなりたいの?たったそれだけの基準で良いんです。このまま進むとどうなるか?なんて考える必要はないんです。そんなことはその時に考えれば良いんですからね。

人生設計

私は意味がないと思っています。なぜなら人はいつ死ぬかわからないからです。残り50年?25年?10年?それによっては、まったく人生設計が変わります。

残り50年の人生設計バージョン、残り49年の人生設計バージョン、残り48年…と作り続けていきますか?私はそんなことはしません。行き止まりと思っていた先に道があるかも知れません。その現場に行ってみないとわからないことが世の中にはたくさんあります。あらゆる想像を膨らませ、将来起こるであろう事態を想定することは構いません。しかし、それらは所詮、妄想の中の出来事に過ぎないのです。

私は色んなことを常に考えています。そして、あらゆる想定を行います。そして、それらを全部、捨てるんです。「まっ、いっか」って言いながらね(笑)人生には何度か訪れる転機というものがあります。その波に乗るも乗らぬも決めるのは自分。現状維持という選択肢もあります。しかし、人生を変えたいのであれば何かを変えなくてはなりません。

善と悪
生と死
男と女
動と静

さてさて、あなたのコインの裏にはどんな世界があるんでしょうかね?