2019年10月17日

すっかり忘れていた歯医者

11:40に予約を入れていたんです。12:10に上の階から歯医者の受付の方がお店にやってきました。「はっ!もしかして今日だった?」慌てて支度をして歯医者さんへと向かいました。こうなると5階と6階という位置関係はとても便利です。にしても、あの受付係の方も電話くれれば良いんですけどね。まっ、下の階だから呼びに行こうか!ぐらいに思ったんでしょうね。以後気を付けます。

その後、タロット講習生の卒業テストを行いました。さすがにテストですからね。本やテキストを見ながらの鑑定はダメです。10分鑑定を行ってもらいその内容で私が判断するという形になります。結果は見事合格!おめでとうございます。この方はチカホでの出店は希望しませんでした。

「自分のことや身近な人間のことを占えればいい」

基本的にはそういうスタンスです。欲を言えば、少しぐらいお小遣い稼ぎが出来ればいいかなってぐらいな感じです。しかし、多くの方がこのパターンなんですよね。占い一本でバリバリ飯食っていくぞ!って人はほとんどいません。そして、私もそれはおすすめしません。現実的にかなり厳しいからです。

結局は生活がかかっているため占い以外のアルバイトをして、いつの間にか占いは全くの趣味になってしまう。そんな方達をたくさん見てきましたからね。だから、ゆるく長く占い師としての活動を続けることをおすすめしています。勿論、占いだけで生きていくという人は出来る限り応援しますけどね。私も占いだけで飯を食っている人種ですから。

現在、手相教材を作っています。初級編は完成していますが、中級編と上級編がまだです。しかし、これらも来週中にはできそうです。その後、手相の問題集を作るつもりです。ここまでを一気に作り上げて、現在の手相講習生たちの様子を見て見たいと思っています。

その後はタロットの教材およびオリジナルタロットカードを作りたいと思っています。製本するかどうかは別ですけどね。販売するということを前提にカードを作るのなら現実的に500セット以上は作らないといけません。1個1万円のタロットカードとか作ったって誰も買いませんからね(笑)

しかも、手相初級カード、手相中級カード、手相上級カード、手相問題集、タロット初級カード、タロット中級カード、タロット上級カード、タロット問題集って8種類×500セットってさ(笑)それらの在庫抱えるわけ?こりゃ、現実的じゃねぇな。

とりあえず、全部のデータを作り上げてみます。それから考えるとしますね。ただ、色々と考える訳ですよ。これらの「物」を作るということは当然お金がかかります。つまりそれらに対して投資をすることになります。お金の使い方として投資をするのであれば問題はないでしょう。しかし、他の投資先もあるわけで必ずしもこれが正しい使い方とは言えません。私が投資すべき先は?それは物ではなく人。今後の講習生たちの成長が楽しみです。