2020年5月14日

ま、まさかの数値悪化?

今日は糖尿病の定期検査のため萬田記念病院へ行ってきました。いつもの入口は封鎖され、入院病棟からの出入りのようです。

「熱を測らせてください」

入口に立つ看護師さんにより、計測器を額にあてられました。

「36.5度です」

わずか2~3秒で結果が出たことに驚き!さらに海外に行っていないか?とか最近、熱はなかったか?など、いくつかの質問をされましたが、すんなり入館を許可されました。医療現場ではこのように徹底した管理をしているってことですね。

コロナ後、心なしか待合室が空いているような気がします。病院とは言え、できるだけ外出しないようにしているのでしょうかね?私はいつものように採血&採尿を済ませ準備万端!

今回はコロナのせいで2キロほど太ってしまいました。って、最近ではなんでもかんでもコロナのせいにして現実逃避をしているような気がします(笑)

(きっと、数値が悪くなっているに違いない)

すぐに先生に呼ばれました。診察室に入ると先生は私の顔をチラリと見て、再びパソコンのモニターを見つめています。

(ん?なんか悪い結果でも出ているのかな?)

すると先生は私の顔をじっと見つめ始めたんです。しかも真剣な表情をしているじゃありませんか!

(なに、なに、何か深刻なお話でもあるの?)

「もしかして…」
「はい」

(えっ、マジでなんかヤバイ話?)

「髪、切りました?」
「えっ?」
「眼鏡もかけていましたよね?」

(あ~、そう言うことね)

「はい、前は金髪でしたからね」
「別人かと思いました」

前はメガネをかけて金髪でしたからね。今は黒髪でコンタクトを入れていますから別人と思われても仕方ありません。

「数値は6.7と下がっています。6代が半年続くようだと通院は二か月に1回にしますからね」

前回はヘモグロビンなんちゃらの数値が6.8となっていました。今回は6.7となり0.1下がっていたんです。7.2までの上昇は覚悟していたんですけどね。まさかの減少に驚きを隠せません。しかし、先生からすれば私の風貌の変化に驚きを隠せなかったようです(笑)

会計をするためにイスに座って待っていました。すると、隣に座ったおばあちゃんが職員の方とお話をしています。

「私はこの日のこの時間じゃないと来れないの!病院はここ以外にもある!」

などとお怒りモードのおばあちゃん。部外者の私が聞いている限り、おばあちゃんが無理言っているように聞こえていました。しかし、その対応していた職員さんにとても感心しました。

「そっか、そっか、そうなんだ」

と神対応しているではありませんか!コロナのせいで誰しもストレスを溜めがちです。イラつくことも多くなります。しかし、こんな時だからこそ精神的ゆとりを持つことが大切なことなんだと、その職員さんの対応を見て感じました。

その後、一本の電話が入りました。

「10分無料鑑定を受けたいのですが…」

話を聞くとどこかのサイトを見たらしく、そこにカバラットで10分無料鑑定を受けられると書かれていたようです。現在はそのサービスを行っていないことを告げ、電話を切りました。

確かに、電話占い放題の宣伝のため10分無料鑑定を行っていたことがありました。勝手にカバラットのことを宣伝してくれるのは構わないんですが、間違った情報を掲載されてもね…

試しにカバラットでネット検索してみると色んなサイトが表示されてきました。それらのどれも私に掲載許可を求めてきた所はありません。それは構わないんですけどね。

しかし、結構、古い情報が掲載されたままのサイトが多かったんです。これ全部、修正依頼しないといけないの?だんだんイライラし始めてきたんですけどね。

はっ!

萬田記念病院の職員さんのことを思い出しました。ゆとりですね、ゆとり(笑)

カバラットの休業は5月31日まで延長することにしました。なので、再開予定日は6月1日とします。