2020年4月1日

海景先生、初めてのチカホ電話

本日はチカホに電話予約をする日です。今回初めて海景先生が挑戦してみました。前日に打ち合わせ済です。

「もし、繋がったら、こう言って、ああ言って…」

予め、聞かれる内容を教えておきました。にしても、なんせ電話が繋がりません。そして、やっと繋がったと思ったら全て完売。そんな状況を彼女にも経験してもらいたかった。正直、そんなに期待はしておりませんでした。

そして、今日!

彼女は自宅からチカホへと電話をしました。途中、間違って私に電話をかけてくるというハプニングもありましたが、自宅の固定電話とスマホと2台でかけていたようです。私はお店で電話をしていました。

「ただいまおかけになった電話番号は現在混み合っていて…」

いつも通り、繋がりません。すると、海景先生から連絡が入りました。また間違えて俺に連絡してきたのかなとも思いましたが、よく見るとライン通知です。

ま、まさか…

なんと彼女は10月23日(金)の北3条交差点広場の予約を取っていました!恐るべし強運!初挑戦にして初ゲットですからね。その後、私も繋がりました!

「もう空きはありません」

チカホの神様は私には微笑んでくれません(泣)しかし、チカホの職員と色々お話をすることができました。本来オリンピック期間のチカホは札幌市で使用するため一般貸し出しはしないことになっていました。

しかし、オリンピックの延期に伴ってそれらを開放することになったようです。7月~9月分を一気に開放するようなんですよね。予約を取ることもつらいんですが、予約を取った後がもっと辛いんです。

「2週間以内に振り込んでください」

その使用料を一気に支払わなければならないんです。北3条交差点広場は土日祝で18万円の使用料がかかります。それを3か月分取るとなると18万円×3回=54万円を申請から2週間以内に支払わなければなりません。

しかも、土日など2日連続でやるとなれば、倍になりますから108万円って計算になります。弱小カバラットには無理な金額と言えるでしょう(泣)

そうは言っても全く予約を取らない訳ではありません。また海景先生にもお願いしようと思っています。

4月13日のはしご占いは開催します。4月22日の占載一遇は中止とし、4月27日は開催します。1週間に2回の占載一遇を1回に集約して開催したいと思います。さらに5月22日も新規で予約を取りました。

コロナウィルスがどうなっていくのか不明ではありますが基本的に月に1回はチカホで開催していきたいと思っています。コロナが終息すれば月に複数回やっていきたいと思います。

海景先生、お疲れさまでした。