2020年3月6日

モスバーガーのネット注文デビュー

私は毎朝、モスバーガーを食べています。丸大ビルの隣にモスバーガーがありますので、そこでお持ち帰りをしてカバラットで食べている状態です。いつも頼むメニューは同じ。

「エビカツバーガーの菜摘とポテトのL」

これをひたすら毎朝食べているわけです(笑)最初のうちは

「店内でお召し上がりですか?」

と聞かれていたんですが、今となっては顔パスみたいなもんです。自動的にお持ち帰りの札が出てくるようになりました(笑)どうやらレジの店員さんはおろか、厨房で働くスタッフさんたちにもこの金髪が認知されたようです。

「いつものですね?」

的な感じで私の顔を見るやいなや調理が開始されます(笑)にしても、絶対にあだ名みたいなものを付けられているんだと思うんですよね(笑)私が店員だったら絶対にあだ名で呼んでいると思いますから。

「今日は金髪エビバーガー来た?」
「ほら、金髪菜摘来たよ!」

毎朝、毎朝、同じものを注文していく人ってそうそういないと思うんですよね。毎日同じものを食べる。毎日同じ服を着る。ここら辺に対する抵抗はまったくない人種と言えるでしょう。

「たまには違うものも如何ですか?」

一度だけ聞かれたことがあります。散々悩んで結局いつものを頼んでしまいます。それじゃ、そのエビカツバーガーが死ぬほど好きなのか?と聞かれればそうではありません。

実はメニューそのものにこだわりはないんです。だから、結局「いつものでいいや」ってなってしまうんですよね。だから、それはこだわりのなさの裏返しでもあるんです。そこに時間や労力を使うことが「めんどくさい」だけですから。

しかし、最近、革命が起きました!
ネット注文です!

地下鉄さっぽろ駅あたりで注文を開始し、大通駅に着いた時に送信。10分後のお引き取りにしていますのでちょうどテクテク歩いて行くと待ち時間0分で持って帰ることができます。

これは便利ですね。時間を無駄にしない。こういう合理的なお話は大好きです。下手な値引きやサービスよりとっても得をした感じがします。

なぜか通信料という名目で10円を返してくれるんですけどね。電話代みたいなもんなんでしょうが今の時代にそれは必要ないような気がしますけどね。

それでもたまにはビックマックを食べたくなる時もあるんですよ。しかし、今さら、バンズを食べる気にはなれないんですよね。ポテトもやっぱりモスの方が好きだし。レタスでサンドされた菜摘バーガー。とても気に入っています。