2020年3月15日

グーグル広告に載せてみた~その3

こんな表を作ってみました(笑)ブログに載せるとなるとこの方が見やすいかなって思いましたもんで。

表示回数は前日より倍になりましたが、クリック数はほぼ同じ。

う~ん…
よくわからん(泣)

今日もまた高速PDCAの出番です。まずは見出し問題。またまた最悪なことが起こってしまいました!

見出し①【30日間の定額制】電話占い放題
見出し②カバラット【今月まで料金半額】
見出し③初回のみ1時間2千円のお試しあり

何も問題ないように思われたこれらの見出しですが大きな欠陥がありました。②+③の表示の時、

②カバラット【今月まで料金半額】
③初回のみ1時間2千円のお試しあり

となります。あれ?これって何のサイトなの?占いの文字が入っていないため、そもそも何屋さんなのかすらもわかりません。

昨日、電話占い・占いの館・占い放題の中に3つの「占い」が入っていることに気付きました。これを何とか省略したい!そして「電話占い放題」の文字以外は全部削除したんです。

しかし、②+③の表示の場合には占いが無くなってしまう。ってことは3つの見出しの中には最低2つの「占い」を入れなければならないことになります。まったく、もう何日これを繰り返しているんでしょうかね?

①【占い放題】30日間安心の定額制
②カバラット【今月限定50%OFF】
③【電話占い】初回お試しあり

「占い放題」と「電話占い」を使うことにしました。

①枠が余っていたので「安心」を追加
②半額を50%OFFに変更
③1時間2千円の文字を削除

本日の見出しははこれで決まり!毎日コロコロ変わるから日替わり定食みたいなもんですね(笑)

継続者特典とお試し2コマの表示をアップしました。で、いざアップしようとした時なんですけどね。なんか違和感。お試し2コマを3,000円に変更しました。さすがに60分鑑定して2,000円はないだろう…

まっ、それを言ってしまえば、2,000円も3,000円も同じレベルなんですけどね(笑)それに伴って申込フォームに「お試し」の項目を追加しました。

次はご利用者様の声の項目を新設しました。これはやはりあった方が良いだろうと判断しました。急遽、利用者の方と元利用者の方に書いてもらいました。ほとんどが知っているお客さんたちでしたからね。すんなりと書いてもらえました(笑)ご協力を頂きました皆さん、誠にありがとうございました。

夜に一本の電話がかかってきました!

「電話占いしたいんですけど…」

なんと!これは申込じゃありませんか!と思いきや、「通常の電話占いでお願いします」とのこと(泣)話をしているうちに

「ああ、〇〇さん!お久しぶりです!」

ってなったんです。この方は東京に住んでいる方です。以前、札幌旅行に来た時、偶然にもチカホで占いイベントをやっていた私の元へとやって来てくれたんです。東京に帰った後も、こうやって電話鑑定の依頼を受けるようになりました。

一応、電話占い放題のことは説明したんですけどね。「今回は普通の占いで」となってしまいました(泣)

にしても、それなりに体裁が整ってきたのかなと思っております。特に今日の見出しは良い感じかなと思っています。次は何を変えようかな?なんかこうした方が良いよ!なんてご意見がございましたら教えて頂けると嬉しいです!