2020年3月12日

ざわざわざわざわ

1ヶ月電話占い放題が苦戦しております。グーグルで広告を出しているものの申込者が少ないんです。先日、106人がホームページに飛んできたにも関わらず申込者は1名だけという日がありました。

はて?これはどういうことだ?
なぜ105人は申し込みをしなかったんだ?

これだけでは主な原因を特定するのは無理ですが思い付く限りのことは改善しなくてはなりません。とりあえず、ホームページに魅力がないことは間違いありませんから、そこを修正することにしました。

まずは見づらい点を改良。ごちゃごちゃした説明文はページの下の方に移動させました。そして、次の日…

全然、申込ないし…(泣)

さらに何がいけないのかを考えることに。電話のみの対応。これかな?ホームページ上、予約・新規申込などすべてが電話によるものとしていました。

受付時間を10:00~22:00としていましたが、これも考えてみれば22:00~10:00までの人は申し込みが出来ないことになります。その時間を希望している人達もいるでしょうからね。

また電話だと地下鉄に乗りながら申込をしたり、予約をしたりが出来ません。専用のフォームをホームページ内に設置。これで予約申込や新規申込は24時間ネットからできることになりました。そして、次の日…

申込ないし…

またまた何がいけないのか?を考えることに。もしかして範囲か?当初は「東京・大阪・名古屋・札幌」だけで表示されるようにしていましたが神奈川からの申込者が現れたので「東京・大阪・名古屋・札幌・神奈川」とひとつ追加しました。

しかし、その後、さっぱり申し込みがありません(泣)考えてみれば都会には占い師さんの数も多いはずで、むしろ地方の方の方が電話占いを利用しているのでは?

札幌で開催するイベント告知を沖縄で行っても効果が期待できません。しかし、電話占いは沖縄の人に告知しても意味があります。地方だけピックアップするって言ってもさ…

結局、設定を「日本」に変えてスッキリしました(笑)さて、申し込みはどうかな?翌日…

なんと表示件数が1万件を超えているじゃありませんか!と思いきやクリック数は100以下。まじで…

たくさんの人の画面に表示されているにも関わらずクリックされていない。表示される文面に問題あるんじゃないの?「電話占い」「1ヶ月1万円」「定額制」なんて言葉を並べてみました。

正直、何が正解なのかすらわかっておりません。ただ、その時、考え付いた改善点を修正していくだけ。

確実に毎日1万円ずつが課金されていきます(泣)ざわざわざわざわ。カイジさながら1発1万円のパチンコ台をやっている気分です(泣)