2020年2月16日

相性の判定基準ってなに?

よく相性が良いとか悪いとか言いますよね。占い師もよくこの言葉を使います。

そもそも相性って何ぞや?

誰しも生活していく上で人と関わって生きています。その中で居心地の良い人と悪い人が存在すると思います。何かと気を使ったり、場合によっては顔も見たくないなんてこともあるでしょう。どっちが悪いという訳でもないけどなんかしっくりこない。そんな経験が皆さんにもあると思います。

私もカバラ数秘術で相性判定を行っております。そして、その人の生年月日から逆算して「運命の人」というものを出しています。これは最高に相性レベルが高い人のリストなんですけどね。

しかし、相性が良いからと言って喧嘩をしないわけでも離婚しないわけでもありません。それは十分にあり得ます。逆に相性が悪いからと言って仲良く出来ないかと言えばそんなことはありませんので。

例えば、火と水。これは相性が悪いですよね。火は水を消し、水は火を消す。お互いがお互いを消し合う関係ですからね。しかし、共存できないかと言えばそんなことはありませんよね。適度な火は水をお湯に変えますし、適度な水は火力の調整に役に立ちます。つまりはお互いがお互いのことを理解し、上手くやる努力をしていけばどんな関係性でも継続させることが出来るということです。

そりゃ、そんな気遣いすらせず、お互いに居心地が良い関係であるに越したことはありませんけどね。私はよくお客さんに相性の話をします。カバラ数秘術では最も得意とするところですからね。この場合、お客さんによっては温度差が生じる場合があります。

「そんなに相性が良いとは思えませんけど」
「私たちはとっても仲が良い友達ですよ」

確かに何十年来の大親友であるにも関わらず、さほど相性判定での結果が良くないという場合があります。それは私の鑑定がハズレているのか、その方の感覚がズレているのかのどちらかでしょう。

ここで誰でもできるわかりやすい相性判定の方法をひとつ伝授いたしましょう!これはとってもシンプルで何の道具も必要としません。必要なのはほんの少しのイメージ力だけ。

「もし、この人と二人っきりで一緒に住んだら…」

これをイメージして欲しいんです。どんなに仲良くしていても、

「この人と一緒に住むのは無理!」
「相当ストレス溜まるだろうな…」

とか何かしら思うはずなんですよね。勿論、出会ったばかりの人間に対しては相手のことをよく知りませんからね。あくまでも推測に過ぎなくなりますが、そこにヒントが隠されていますからね。

人間には必ず二面性があります。厳密に言えば、もっと複数の顔を持っています。

学校で見せる顔
職場で見せる顔
恋人に見せる顔
見ず知らずの人に見せる顔

私の言っている相性はその人の根っこにある部分を指しています。

「二人っきりで住めるのか住めないのか?」

これが一つの判断基準になりますからね!皆さんもお試しあれ!