2020年2月14日

ありえへん!ことが起こった

インスタグラムに広告宣伝を載せたことは以前このブログで書きました。1日1万円の設定で掲載をし、1日が終了した段階で6500円が掲載費としてかかったんです。

「どうせだったらもう3500円分を継続しよう」

まったく同じ内容で3500円分の依頼をしたんです。すると、インスタ側から送られてきたのは不承認のメッセージ。内容がNGって理由でした。昨日はOKで今日はNGなの?

「すんなりいかないことは即撤退」

これは私の信条となっております。こうしてインスタに別れを告げ、今度はグーグルへと広告を出しました。今度は上限設定を9万円にしての依頼。5日間が過ぎた昨日の夜のことでした。今度はグーグル側から何やらメッセージが。

「広告停止のお知らせ」

何、何、何、何、なんで?WHY?何があったの?よくよく調べていくと、上限は9万円に設定しているものの1万円を過ぎた段階で請求される設定になっていました。

支払方法はクレジットカード。どうやら掲載から5日が過ぎ、請求額が1万円を超えたのでクレジットカード会社に請求がいったようなんです。

そこで不承認となって支払いが未払い扱いとなり広告がストップした様子。これは夜中のメールでしたからね。もうどうしようもありません。しかも館のパソコンからでないと色々と状況がわかりません。今日の朝イチで処理しました。

簡単に言えば、クレジットカードが使えない状況になっていたんです。一般的にその理由として考えられるのは

「有効期限が過ぎている」
「銀行口座の残金不足」
「限度額を超えた」

などが挙げられます。しかし、どれも問題はないんです。状況がよくわからないまま、とりあえずクレジットカード会社に電話をしました。

「セキュリティロックがかかったようです」
「せきゅりてぃろっく?」
「詳しくはセキュリティ部門の担当者から電話させて頂きます」

なんかいきなり話が大ごとになってきたぞ。しばらくして、そのセキュリティ担当者の方から電話がきました。

「〇〇で買い物をされていますがこれはご自身でご購入されたものですよね?」
「はい、そうです」

そんなやり取りを数カ所分した後でした。

「それでは、これはお心当たりがございますでしょうか?先ずは三越です?」
「三越?」

はて?三越に行くことはあんましないからな。ましてや買い物ってそんなにしないし。しかも、カードを使う買い物はした記憶がないな…

「三越でカードを使った記憶はありません」
「そうですか。それでは〇〇コーヒーは如何ですか?」
「〇〇コーヒー?」
「それも知りません」
「そうですか、それでは〇〇健康食品はどうでしょうか?」
「どれも知りません」

三越?コーヒー?健康食品?
まったく心当たりがない…

どうやら私のカード番号を使ってこれらの場所で買い物をしようとした奴がいたようなんです。しかし、正常に買い物が出来なかった。そこで不審に思ったカード会社はセキュリティロックをかけた。

実際、これは犯罪行為かどうかはわかりません。不正に使おうとしたのか?それとも純粋に自分のカード番号の一桁を入力し間違えて使おうとしたのか?いずれにしろ、私のカード番号が使われたってことです。

「今のカードを停止して新しいカードを作りませんか?」

念のため、新しいものへと変えてもらうことにしました。なんか気持ち悪いですからね。しかし、カード払いにしているものもあるので新しいカードが出来次第、手続きをし直さないといけなくなりました。どうやら三週間ほどかかるようなんですよね。ちょっとメンドイことになっています。

にしてもですよ!成人してからカードを使い始めて三十年近くは経ちますよ。こんなことは初めてのことです。つまり私からすれば

「あり得ないこと」

が起こった訳です。しかも、なぜゆえ、このタイミングで起るわけ?

「グーグル広告はやめなさい」

って言われているとしか思えないんです。勿論、即、グーグル広告は停止しました。って、お金払っていない状態扱いされているからグーグルの方で掲載ストップしているんですけどね(笑)勿論、グーグルに対してはちゃんとお金は支払いますので。

「なんか流れが悪い…」

パソコンは何度もフリーズして再起動しているし、イベント情報サイトこくちーずには画像のアップロードがうまくいかないし…。全部、スムーズに行かない…

(確か、そろそろ水星逆行だったっけかな…)

今日はダメだな。おとなしくしていよう!と思い始めてからすぐ、お客さんが入り始めました。そして、たまたま来られたそのお客さんが美容室の経営者の女性だったんです。鑑定後、何気にお話をしてみました。

「占い師の派遣を始めようと思うんですが興味ありますか?」

なんと、興味があるとな!そこから一気に商談会へと発展!

「一度試しにやってみましょう!」

ってことで話が落ち着きました。どうやら女性の占い師さんを希望されているようです。とりあえず、海景先生に行ってもらおうと思っています。

早速、フライヤーを作ることになりました。それを美容室においてもらうやり方にします。とりあえず、美容室と喫茶店への占い師派遣は今後の事業計画の中に入っていますからね。

厳密に言えば、カバラットは派遣業の免許は持っていませんからね。派遣というスタイルは取れませんけど…

その後、二名の女性客の方が来られました。鑑定後、

「もし良かったらさ、今度こういうのやるんだけど来ないかい?」

とはしご占いのフライヤーを差し上げました。

「予約していきます」

なんと!二名様ご予約入りました!散々、インスタやグーグルで広告しまくって全然予約取れなかったのに、たった一声かけただけで二名のご予約が取れるんですからね。

グーグル広告を止めた瞬間、なんかいい方に回り始めた?楽しみです。