2020年2月13日

7人家族

お父さんとお母さんと子ども5人。なんと今のご時世で子ども5人は凄いことです。やはり何かとお金がかかるようで奥さんは仕事をしているそうです。

5人の子育てって想像つかないんですけどね。小学生の高学年にもなれば何でも自分でやったりするんでしょうけどね。とにかくたくさん子どもがいればたくさんの事件が起こるわけで、その対応に忙しくなりそうです(笑)

なんかこういう人達のために優遇制度があって欲しいですよね。それがお金による優遇でなくても良いと思うんですよね。毎月自動的に米が送られてくるとか、買い物の無料送迎とか。物やサービスによる優遇なんてのがあっても良さそうです。

7人分の鑑定を行いました。いつものことですが、私はこのような場合、総評として全員の関係性をお話します。

「お父さんと長男は仲が良いけど長女と次女は仲が悪い」

みたいな感じでね。さらにどんな喧嘩が起こるかみたいなことを言うんですよね。これが結構楽しいみたいです(笑)

家族とは言え、波長が合う人と合わない人がいます。小さな社会の図式がそこには存在しているってことですね。関わり合うことで喧嘩が生じるぐらいなら、極力、関わらないように努力する方がお互いのためと言えるでしょう。

家族に限らず人間関係の基本は

「仲良くする必要はない。喧嘩にならないようにする」

と言えるでしょう。幼稚園や小学校で習うことに

「みんな仲良くしましょう」

というのがあります。いやいや、そんなの無理だから!気の合わない人と無理に仲良くする必要はありませんからね。

縄張りではありませんが、その人に対して踏み込んで良いギリギリのラインで立ち止まるんです。それ以上越えると喧嘩になりますからね。それを意識して生きていけば割と楽に生きられますよ。

全員に好かれようとする必要はありません。それが例え、家族であってもね。

頑張って下さいね!またのお越しをお待ちしております。