2020年2月1日

海景先生、初めてのおつかい

今日は海景(みかげ)先生と兎月(うづき)先生に厚別区のイベントに出席してもらいました。私は大通のお店でお留守番。

海景先生はこのブログでも何度も書いていますので皆さん知っていると思いますが事実上、私の右腕となるお弟子さんです。

兎月先生はカバラット手相講習会の卒業生です。この前、チカホのはしご占いでプロデビューしてもらいました。

今回のイベント、兎月先生は手相、海景先生は手相・タロット・ルノルマンカードでの参戦です。どうやら二人で駅で待ち合わせをして会場に向かったようですね。「初めてのおつかい」みたいな感じでしょうか?(笑)

「会場の写真を送って」

私のその指示に、しばらくして写真が送られてきました。ここは全く初めてのイベント会場。私も行ったことがありません。

(何かあれば電話が来るだろう…)

今回のことは全て海景先生に任せました。その間、私は大通のお店でフリー客の鑑定をし、新しく加わったタロット講習生と授業を行っていました。

夕方、海景先生からの連絡。兎月先生が5人、海景先生が6人の鑑定だったようです。う~ん…、微妙…、とっても微妙…。

しかし、今日はとても意義のある一日でした。こうして私が行かなくてもカバラットの占い師がイベントに参加できたんです。カバラットが仕事を取って来て、それをお弟子さんたちに回していく。それが未来のカバラットの姿なのかなと。

カバラットのブース貸しもきっとこうなることでしょう。お弟子さんたちがブースを使えるような形を取れれば講習会に特典が付くことになりますからね。

3月13日にチカホで占載一遇を開催します。そのイベントから「講習会ブース」を作ろうと思っています。そこでお試しを行い、その場で受講申し込みを受け付けてしまおう!ってことです。

今までは講習会の宣伝を全く行ってきませんでした。これからは積極的に宣伝をしていき、お弟子さんをたくさん作っていきたいと思っています。そして、その中から優秀な人材を積極的に登用していきたい。

今後のイベントで私は講習会ブースに入ることになるでしょう。なので占い師ブースの運営は海景先生に任せることになります。彼女に管理をしてもらい数字で評価する。勿論、数字が悪ければ厳しく叱る(笑)彼女には責任とやりがいと正当な評価を与えたいと思っています。

とりあえず今日、海景先生の「初めてのおつかい」は成功したと言えるでしょう。海景先生、兎月先生、お疲れさまでした。