2020年1月26日

確定申告が終わりました!

終わったって言っても、資料作りが終わったって意味ですけどね。あとは期間内に税務署に行って申告をしてくるだけ。とりあえず今月中にこれらの作業が終わって一安心です。気になる利益の方は…

もっと頑張ります(泣)いつも確定申告を行うと色々と考えさせられてしまいます。

売上のこと
経費のこと

特に経費に関してはその中身がさらに別れます。

「売上につながる経費」
「売上につながらない経費」

例えば、取引先やお客さんなどが誰も来ない事務所。そんな所にお金をかけてもそれは売上につながりません。

逆にイベントなどを開催するなんてのは、そこにかかるお金は次のお金を生み出していきます。つまり同じ経費を使うとしてもここに目を向けるべきなんだと思います。

「経費で落ちるからいいや」と言って、無駄金を使っていたんではダメでしょうからね。そんなお金があるなら次のお金を生み出す投資に使うべきでしょうからね。

カバラットには車がありません。車があれば地方遠征やチカホなどへの搬出入作業が楽になることでしょう。しかし、私の車に対する優先順位は全く低いんです。

そこにお金をかけるのであれば手相カードやタロットカードを作ることにお金を使っていることでしょう。車はお金を生み出しませんがカードはお金を生み出しますからね。

何にお金を使うのか?

そこを見極める目が経営者には必要だと言うことでしょう。そして、この目を持った人材が組織には必要になってくるんです。

「会社の金だからいいや」
「どうせ経費で落ちるから」

と浪費されては困りますからね。つまり、私も含めて

「カバラットのために」

という目線で考えてくれる人材が必要になるってことです。

私は海景(みかげ)先生を右腕にするとこのブログでも書きました。彼女の能力は勿論のこと、彼女は「カバラットのために」と考えてくれる人物だからです。

私は今やっていることが80%完成したら、それを海景先生に引き継いで次の新しいことを始めるつもりです。そして、その新しいことがまた80%完成したら、また海景先生に引き継いでさらに次の新しいことを始めるつもりです。海景先生の仕事は

「ずっと私の後をついてきて残りの20%を完成させること」

なんです。そして、彼女が完成させた事業は他の誰かを責任者に任命し、その事業や部門そのものを任せてしまう。私が海景先生に期待しているのはそこなんです。

彼女はとても機転が利きます。が、反面とても優柔不断です。しかし、優柔不断でも良いんです。だって、それは私の仕事ですからね(笑)

基本的に今後カバラットの従業員はみんな占い師であることを採用条件にしようと思っています。何か特殊なスキルを要する人材でない限りはね。

占い師としてのスキルを高めつつ、組織の中での役割分担を担える人材。その第一号が海景先生だったってことです。そして、その第二号となる海來(みこ)先生も只今タロットを勉強中です。

令和二年度

どんどん新しいことにチャレンジしていきたいです。