2019年8月9日

最近、ルノルマンカードの「ねずみ」がよく出てきます

ねずみの意味は浪費、散財、無駄遣い、ストレス、故障…。ねずみが大事な食べものをつまみ食いしているってイメージでしょうね。いずれにせよ、これを良い意味で考えるには相当無理があるのかなと。

しかし、所詮はねずみですからね。小動物ですので大量に食われて全部無くなるってことはなさそうです。カードの種類によっては描かれているねずみが2匹、4匹、6匹と異なります。

にしても、ねずみは駆除する必要があります。さてさて、私にとってのねずみって何?ここの所の私は買い物をしては利益をむしばんでいる状態が続いています。これもねずみにつまみ食いされている状態と言えるでしょう。少しだから良い。そんな考え方ではいけません。100円でも無駄遣いは絶対に許されませんからね。

「次は何をやろうか?」

新しいことをずっと考えていました。そしてひとつの結論に!するとどういうことでしょうか?ルノルマンカードを引いてもねずみが出て来なくなりました。あれだけ出ていたねずみのカード。一体どこに行ってしまったの?と言わんばかりに姿を潜めてしまいました。

昔だったら自分でチラシを作って自分でそれらをまき、自分で商談に行き、自分で鑑定をしに行っていたことでしょう。しかし、最近は特にそう思うんですが、「もしかして、俺、試されてない?」って感じるんですよね。「人を使う」ということに対してですけどね。つまりは「経営者としての資質」みたいなものってことなのかも。

自分でできるけど敢えて自分じゃやらない。しかも、お金を払ってでも人にやらせる。

このクレイジーな発想が周囲には理解されないんですけどね。だから、ねずみが消えたのだと思います。だって、倉庫の食料をつまみ食いするなんてレベルじゃなくって、倉庫の食料を全部吐き出してまで勝負しようとしているんですからね。

ねずみは私自身。複数のねずみは複数の仕事をする私自身。そのねずみが少しずつ少しずつむしばんでいるのでしょう。それはお金でも利益でもありません。もっと大切な「時間」なんです。その時間を無駄遣い、つまりは浪費しているってことです。

9月に何か起きているような気がしてなりません。変化を示す「こうのとり」が出ています。吉と出るのか凶と出るのか?よく当たる占い師さんに占ってもらうことにしましょうかね(笑)