2019年8月4日

宇宙語の先生、現る!

さとうまみよ先生がご紹介してくれました。しかも、初のユニット鑑定士!つまり二人でワンセットの鑑定となります!TERUMI先生&サーサ先生でユニット名「スターボゥ」スターボゥはSTARBOW、星の架け橋って意味のようです。お二人が同時に鑑定される形なんですけどね。試しに私も鑑定してもらいました。

サーサ先生が宇宙語を喋り始め、その隣でTERUMI先生が自動書記を行っている。「パラポレヒレハレナンチャラカンチャラ…」私に宇宙語はわかりません(泣)しばらくしてサーサ先生が目を開きました。どうやら、その時その時で繋がる先が異なるようなんですよね。それがガイドさんであったり、守護霊さんであったり、ハイヤーセルフであったりするそうな。そこからのメッセージをお伝えするって形みたいです。こちらの聞きたいことを尋ねることもできるようなので、普通の恋愛や仕事に関することについても聞けるようです。

にしても宇宙語なまら楽しそう。興味津々です。きっと、勝手に口から出てきているだけだと思うので文法がどうのとか単語がどうのとかではないと思うんですけどね。機会があれば習ってみたいですね(笑)

で、私はミカエルさんとハイヤーセルフからメッセージがありました。自動書記で書かれた私の体には両耳と額の部分に印が付いていました。やはりスピリチュアル的な力が大きいようで、それらを開放してもっと多くの人を救うべきだと言われました。

昔は色んな星を転々としていたみたいですがシリウスが一番影響を受けているとのことでした。今も引っ越しは何度も繰り返していますから、そこら辺は今も昔も変わっていないってことでしょう(笑)

星や星座については全く無知な私ですがシリウスという名前ぐらいは聞いたことがあります。「私はシリウス星出身です」これからはそう言うことにしました。

どこの星から来ているのかによって現世での役割や目的が異なるようです。そこら辺を知ることは大切なことだと思います。私は前世でもこのような占いとかスピリチュアル的な活動をしていたみたいなんですよね。やはり、現世でもなるべくしてなっているのでしょうね。この占い師という職業をね。

スターボゥのお二人は8月16日(金)のチカホに参加してくれることになりました。ひとつのブースに二人座っているのが目印となります。カバラットのルールとして占い師ブースはシェアできません。しかし、ユニットとして二人そろわないと鑑定が出来ないということであれば、それは一人の鑑定士さんとして扱うべきでしょう。30分3000円となっているようです。

宇宙語に興味のある方!自分がどこの星出身なのかを知りたいあなた!是非とも、スターボゥの鑑定を受けてみて下さいね。

あめつち先生は浄化ができる

さらにもう一人の方を紹介してもらいました。あめつち先生。彼女は現在、古平にお住まいで石とのんびり暮らしているそうな。クリスタルヒーリングやカードセッション、除霊や浄化ができるようです。

「浄化…」私はこの言葉に反応してしまいました。「パワーストーンの浄化もできますか?」

「はい、できます。さらにご自分のパワーストーンからのメッセージもお伝えすることができます」

パワーストーンの浄化に加え、石からのメッセージを伝えるだって!もう、即決でした。面接で例えるなら即採用!って感じかな?(笑)これは絶対に人気になります。チカホイベントは勿論のこと、毎月1回のパワーストーンの浄化会をカバラット大通店で行うことにしました。さらにパワーストーンの浄化の仕方や手入れの仕方を教えてくれるそうな。だったら、パワーストーンの浄化会&勉強会みたいなことを企画してみます。

占いに来るお客様は多くの方がパワーストーンをされています。占いとパワーストーンの相性は抜群と言えるでしょう。そして、何より、多くの占い師がパワーストーンを身に付けていますからね。それらを最低でも月に1回浄化する場を設けたら…。これ、絶対にニーズがあるよ。

早速、8月16日(金)のチカホに来てもらえることになりました。13:00~18:00ですので早く来ても、あめつち先生はいませんのでお気を付けて!パワーストーンの浄化に加え、石からのメッセージを伝え、さらにカードからのメッセージをお伝えするセッションで3000円となります。

徐々に、色んなジャンルの鑑定士さんが集まってきました。正統派と呼ばれる占いから個性派と呼ばれるものまで幅広くなってきました。特に宇宙語は信じる人間と信じない人間がはっきり分かれる分野だと思います。占いを信じている人の中でも肯定派と否定派に分かれることでしょう。しかし、がっつりと信じている人たちが多くいることも事実です。なんかたくさんの乗り物がある遊園地みたいになってきました。次回のカバラット遊園地は8月16日(金)にチカホにて!お待ちしております。