2019年8月10日

先生は何座ですか?

彼の第一声がこの質問でした。初めて来られたお客様。昔なら「?」となっていましたが、もう慣れました(笑)何も隠す必要はありませんからね。すぐに答えました。

「うお座ですよ」
「そうですか。それではお願い致します」

どうやら合格だったらしい…

無事に試験に合格?とにかく、私の鑑定を受けてもらえることになりました。はてはて、逆に何座だったら不合格だったのだろうか?そんな疑問を抱きながらも鑑定が始まりました。

タロットを混ぜていると、

「うお座らしい手をされていますね」

うお座らしい手…

私の手はとても小さいです。女性と同じくらい、いやむしろ女性よりも小さいかも知れません。きっと小さく白く繊細な手ってのが「うお座の手」って感じなんでしょうけどね。

私の手は小さいだけで、黒くゴツゴツした毛深い手です(笑)子どもの頃は指をバキバキ鳴らして遊んでいたからでしょうかね?医学的には関係ないと記事を読んだことがあるような気もしますが…

「何よりの星座なんですか?」

いきなりレベルアップの質問が飛んできました。「な、なにより?(^_^;)」そんな質問は想定外です。何よりかどうかはわかりませんが、月星座はやぎ座です。そのことを告げると「とてもバランスが良いですね」とお褒めのお言葉を頂きました。

「うお座の水」と「やぎ座の土」ってことなんでしょうかね?何のバランスが良いのかはまったくわかりませんが、悪く言われるよりも良いと言われる方が幸せになれます。私自身、西洋占星術はさわり程度しかわかっていませんから(泣)

タロット鑑定後、雑談となっていきました。言うまでもなく同業者の方でした。東京で活動をされているそうな。色んな話をしました。占い師あるあるから現実的な問題点など。

「今日は来て良かったです。とても勉強になりました」

そう言ってもらえたことが私にとっての幸せとなります。こちらこそありがとうございました。そして、長らく話をしたからとチップも頂きました。このチップも私にとっての幸せとなります(笑)

いつの日かご一緒にお仕事させてもらえると良いな…