人生初!あわや無銭飲食?2019年6月13日

とある飲食店…

夜に一人でご飯を食べていました。

食べ終わって、私はお店を出ました。

すると、背中から女性の声が。

「お客さん!お客さん!」

ん?俺?

振り返ってみるとお店の女性店員さん。

「お客様、お会計宜しいでしょうか?」

えっ?お会計?

はっ!俺、金払ってねぇし…

何の疑いもなく、黙ってそのままお店を出てきてしまいました(泣)

勿論、すぐさまお店に戻り、お支払いを済ませましたけどね。

そんな醜態をさらした自分にショックでした。

お持ち帰りの方々がお金を払って商品を受け取って帰っていく。

その光景を眺めていたから?

食事をしながらも、ずっとイベントのことを考えていました。

お会計を忘れるほど、アレコレと考えていたから?

もはや、正しい分析すら出来ません(泣)

とにかく、お会計を忘れてお店を出てきたってことは人生初の出来事でした。

ついに、施設行きか?

頭がヤバいことになってきたかも…(笑)

で、そんな赤っ恥をかきながらも考えていたことは、8月のイベントについてでした。

まず、8月10日(土)に帯広の長崎屋さんでイベントを行い、8月11日(日)に帯広から車で1時間ぐらいの場所にある更別の十勝スピードウェイでイベントを行います。

まだ、正式決定ではありませんが、私の中ではほぼほぼ決定事項となっております。

誰にも何も案内をしていないんですが、生野先生とNAMI先生と帯広の門馬先生がフライングで参加表明をされています(笑)

私を含めた4人の先生がいれば、最悪なんとか格好がつきますから。ただ、5~8人ぐらいで行きたいかなとは思っていますけどね。

なので、帯広のイベントはそんなに気にしていません。

問題はこっち。

8月12日(月)~8月18日(日)の一週間、新さっぽろの駅前広場でフリーマーケットが開催されることになっています。

実は、そこに出店しようかどうかを悩んでおりまして…

で、初めてなんで1日だけ出て見ようかなと。

昔、つどーむであったゴールデンマーケットみたいな感じなんですよね。それの野外バージョン。

いつがいいの?

8月は10,11,12日と連休です。8月11日は山の日という祝日ですからね。

8月12日は連休の最終日だよね。

8月13日は仕事の人もいるよね。

8月14、15日はお盆だからさ。

8月16日はチカホ入っているからダメ。

8月17日は土曜日。ん?ここはいいんじゃない?

8月18日は日曜日。最終日でもあるからここも良さそう。

占い師さん何人呼ぼっか…

野外だからテント買わんといけんしな…

折り畳みテーブルも足りないから買わないと…

ブースの値段はいくらにする?

はしご占いにする?占載一遇にする?

自分のお墓参りはいつ行こうかな?

そんなことを考えながらお店を出た訳ですよ。

あわや無銭飲食で捕まる所でした(^_^;)

で、結局、アレコレ考えた結果、私が下した結論は?

「8月16日以外は全部出る」

でした(笑)

毎日10ブース。それが6日間。

それでやってみます。

「初めてだから1日だけ」

いつから私はそんな考え方をするようになったんでしょうかね?

全くらしくないです。

問題は「勝算があるかないか」だけの話。

勝算があるのであれば参加する。なければ参加しない。単純な話です。

日数だとか初めてだからとかは関係ない。

「初めてだから1日だけ」なんてしみったれた考え方ではダメダメです。

フリマブースは21枠。さらに飲食店ブースもたくさん出るようです。

そこにはステージがあり、1時間ぐらい使っても良いとのこと。

私のリサイタルショーでも行いましょうかね?(笑)

いやいや、することは決まっています。

無料サイコロくじ。

ステージに占い師さんに並んで座ってもらい、当たった人はその場で無料鑑定!

私はマイクを持って司会をすることになると思うんですけどね。

いや~、恥ずかしいな~、照れるよな~、そんな人前に立つなんてさ~

なまら、やる気満々です(笑)

元々、私はステージとかに立つのは大好きなんですよね。

「もっと、見ろ!もっと、この俺様を見ろ!」って側の人種ですから(笑)

にしても、そのフリーマーケットに出店するとなると大通のお店を閉めることになります。

帯広行ってから合わせると8月10日~8月18日までなんと9日間もお休みすることになるじゃありませんか!

7日だって、函館とチカホで6日間も閉めることになります。

で、色々と考えた訳ですよ。

「別に毎日俺が行かなくても良くない?」

カバラットの責任者を会場に派遣すれば良いだけの話。

大通のお店はお留守番部隊を設置すれば良いだけの話。

人を使う。

そろそろ、私一人でやっていく限界に達してきたかも…

「みなと先生とお話をしていました」

みなと先生は先日のはしご占いでプロデビューをしたタロット講習会の卒業生です。

「次はどうするの?」

「カウンセリングの勉強をしてみようと思っています」

実際にプロデビューしてみて、彼女が行きついた方向性です。

それは尊重しますし応援もします。

私は自分のことを占い師というよりもカウンセラーだと思っています。

占いというツールを使って人々に希望を与えていく。

だから、占いが当たるとか外れるとかはさほど重要視しておりません。

お客様の悩みが解決したのかどうか?

そっちの方が重要だってことです。

カウンセリングのスキルは占い師にとって必要だと思います。でも、私はカウンセラーの資格を取ろうとは思っていません。

勉強することは良いことでしょう。しかし、欲しいのはスキルであって、卒業証書ではありませんから。

そんな話を散々みなと先生にしていたんですけどね。

その時、ふと閃きました!

「俺もカウンセリングの勉強しようかな…」

「えっ?」

占い講習会

・タロット

・算命学

・九星気学

・マヤ暦

・手相

・カウンセリングスキル

これいけそうじゃない?

私が実践経験で身に付けた「占い師としての」カウンセリングスキル。

それを教える講座があっても然るべきなのでは?

みなと先生が必要と感じたものです。

だったら多くの占い師さんが必要と感じているはず。

そのためには私もカウンセリングの勉強を正式に行うべきでしょう。そして、今まで培った経験とノウハウを学術的に当てはめていく。

ちょっと勉強してみよう…

って、何かやることだらけじゃねぇ?

最近、不動明王様の真言を覚えました。

のーまく さんまんだー

ばーざらだん せんだー

まーかろ しゃーだー

そわたや うんたらたー かんまん

いつもユーチューブで見聞きして覚えるんですけどね。

なんか、最近、左肩がなまら軽いんですよね。

ほら、髪の長い女性と、髪の短い女性が二人、私の左肩に憑いていたみたいなんですけどね。

どっかに行ってしまったんでしょうかね?

にしても、神社の祝詞(のりと)の時もそうだったんですけど、私はこれらを覚えるのは得意分野かも…(笑)

興味のあることには異常なまでに集中力を発揮しますからね(笑)

すぐに覚えてしまいます。

アスペルガー側の人種ということでしょうね(笑)