「先生が段々、厳しくなってきています…」2019年5月28日

タロット講習生だらけ?

本日、3人目のアドバンスコース修了者が現れました。

3人とも6/23に卒業テストを行います。

これに合格すれば、プロの占い師としてチカホへ連れていく予定です。

勉強中の講習生としてチカホに連れていく「ひよっこ占い」も考えてはいますけどね。

今後のはしご占いはタロット講習生枠というものを設けました。つまり、必ず、誰か一人をタロット占い師として連れていくということです。

これは教本を見ながら鑑定するというものではありません。

はしご占いはカバラットでもメインの占いイベントですからね。ガチで鑑定してもらわないと困ります。

なので、連れていくにはある程度のレベルは要求されますけどね。

しかし、その前に卒業テストに合格してもらわなければ話が進みません。

今日は3人の受講生が自習に来ました。

お互いに占いあっこ。

たまたま、タロット占い師のKさんが来られました。

普通に私の鑑定を受けた後、いつものように講習生たちに無料鑑定をしてもらいました。

勿論、Kさんがさんがプロのタロット占い師であることは明かしませんでした。

私は極度のプレッシャーがかかる状態での鑑定は経験しておくべきだと考えております。

頭が真っ白になるぐらいのプレッシャーね(笑)

受講生たちにとってのそれは「プロのタロット占い師を占うこと」だと思っております。

しかし、さすがにそのプレッシャーを経験させるにはまだ早いだろう…

「とても優しいお客様でした」

鑑定後、講習生が私に言いました。

Kさんも温かく受講生たちに接してくれたようです。勿論、プロの目から見れば、「拙(つたな)い鑑定」だったことでしょう。

Kさん、お付き合い頂きましてありがとうございました。

「先生が段々、厳しくなってきています…」

とある受講生から指摘されました。

いえいえ、何も厳しくないんですよ。ただ、要求するものがレベルアップしているだけのことですから(笑)

しかも、「この生徒さんならできる」と思わなければ要求はしませんから。

「深みがない…」

これはタロット鑑定に限らず、占い師全般的に言えることでしょう。

耳障りの良い言葉を並べているだけ。

抽象的で具体的な例や提案がなされていない。

つまり、

「別にあなたに言われなくても、そんなことわかってるよ」

ってやつです。

「最近、体調が悪いんですよね」

「規則正しい生活をしましょう」

「資格を取ってスキルアップさせようかなって思っています」

「勉強してください」

「異性との出会いがないんです」

「外に出かけるようにしましょう」

いやいや、お金を払って占い師に聞かなくても、そんなこと自分でわかるよね(笑)

また、あまりにも漠然としている場合や抽象的な話もあります。

「あなた自身を愛してあげてください」

とても耳障りの良い言葉です。

しかし、私は決して言いません。

これは深すぎるわ…(笑)

そもそも愛って何?って所からの話だよ、これは。

なので、私なら、「もっと自分のためにって思っても良いんだよ」とか「もっと自分にはできるって思っても良いんだよ」なんて感じで言いますね。

より具体的に日常レベルまで落とし込んだ提案が必要とされるってことです。

「夫婦の問題をお互いに紙に書き出して話し合ってみてはいかがでしょうか?」

本日のタロット講習生がこのようにお客様へと言いました。

これなんです!これが必要なんです!

具体的な提案。

このお互いに紙に書くという行為が良いのか悪いのかはまた別の話です。

しかし、この生徒さんはそういう提案ができたわけです。

これが「深みのある鑑定」へと繋がっていくのです。

その提案に関する引き出しをあなたはいくつ持っていますか?

それが占い師の人間力であり、人生の経験値であり、想像力でもあるんです。

自分の中での夫婦論が確立されていないと浅い鑑定になってしまうってことです。

そして、それを踏まえた上で押し付けない鑑定をしなくてはなりません。

共感できる。納得できる。この先生の言うことを少し聞いてみようか。アドバイスを受け入れてみようか。

これがないものは浅い鑑定となりがちです。

「良い占い師」は「良い人間」

これは間違っていない。絶対そうだと私は思っております。

「タロットを受けてみたいんですけど」

私が鑑定している最中にお客様が入ってきました。

これはチャンス!

早速、受講生に無料鑑定をしてもらうことに(笑)

「すみません、お待たせいたしました」

鑑定後、このお客様の所に行くと、「啓心先生からの紹介で来ました」とのこと。

占いのデパートと言われる啓心先生。

手相、ほくろ占い、姓名判断、四柱推命、九星気学、算命学、数秘術、マヤ暦、カラーセラピー、ETC

多くの占法で鑑定することができます。

「カードものには興味がない」

啓心百貨店にタロットカードはないようです(笑)

このお客様は早速お試しコースを受講することに。

そして、タロット講習会を受講することになりました!早速、明日から来る予定。

啓心先生、ご紹介ありがとうございました。

さっきはタロット講習生に無料鑑定してもらっていましたけどね。

もうすぐ、自分が占う側の人間になるってことですね。

結局、今日はタロット講習生が3人、受講や自習で来て、さらに1人が新規で加わったと。

自習OKでブースは無料使用できますからね。いつ来ても構いませんからね。

段々、店内がいっぱいになってきました。多い分には問題ないと思っています。

人が多くいると活気が生まれますからね。

講義自体はマンツーマンのレッスンになります。

しかし、自習に来れば今日みたいに「横のつながり」が出来ます。そういうのも必要なのかなと。

「一緒に頑張りましょうね」

お互いに励まし合っているんですよね。

仲間というか同期というか。

なんか微笑ましい光景でした。

今日は生野先生がブース借りで来てくれていました。

たくさんのタロット講習生の実験台?(笑)になって頂きました。

お付き合い頂き、誠にありがとうございました。

順調に行けば、2名のタロット講習生を6/8のはしご占いに連れて行こうと思っております。

勿論、お手伝いではなくプロとしてね。

7月は3回チカホでイベントを行います。

きっと、ここで多くの受講生が初デビューすることになりそうです。

はっ!物販ブースどうしよっか!

タロットカード、オラクルカード、占いグッズ、パワーストーン、浄化グッズ、開運グッズ

ここら辺の物ならば、カバラットが扱う意味があるんでしょうけどね。

「野菜ってさ…」

みんな心の中でそう思っているはずなんです。そして、こうも思っているはずです。

「マスターのことだから、どうせやるんでしょ?」