本日、二人目のアドバンスコース修了者が現れました2019年5月20日

地下鉄で偶然にも出会いました。

「マスター!」

占いバー時代からの常連さん。

「なんか金髪見えて」

結構、目立つようですね(笑)

やっぱり私は金髪の方が良いみたいです。

「マスターの所に行こうかどうしようか迷っていたんだけど…」

そんな折、朝の地下鉄でばったり私と出くわしてしまったと(笑)

11:00までに出勤すれば良いとのこと。

ここでマスターに会ったんだから、こりゃ、もう行くしかない!ってことで一緒に占いの館へ行きました。

これって朝から同伴?(笑)

仕事に行く前に仕事のご相談。

普通は仕事が終わってから仕事の相談をしに来るパターンが多いですけどね。

初めてのパターンかも…

「少しスッキリしたかも…」

そう言い残し、彼女は会社へと行きました。

しばらくして、彼女から連絡が入りました。

どうやら契約が取れたよう。良かったですね。

こりゃ、毎朝、カバラット経由で出勤した方が良いかも知れませんよ(笑)

今日はタロット講習生が3人。

上級コース、中級コース、初級コース。

あれ?これって全コースじゃん!

プロフェッショナルコース、アドバンスコース、ベーシックコースって名前を変えていますけどね。

私の中では初級、中級、上級かなって(笑)

みなさんとても優秀な生徒さんたちばかりです。

聞けば、やはり宿題が欲しいとのこと。

まじか…

もっと勉強したいってことですね。

これは効果的な宿題を作らなければいけないかも…

生徒さんには「練習占い」として誰かを占ってもらうことが多くなってきました。

鑑定は良い結果ばかりではありませんからね。

悪い結果の時の方が難易度が高くなります。

伝え方が難しい…

言葉や言い方を選ばなくてはなりません。

それだけ語彙力が求められることになり、それだけ相手を思いやる心が必要となります。

アドバンスコースが修了した生徒さんは、基本的に1か月後に卒業テストを行います。

誰か一人を鑑定してもらい私が合否を判定します。

それまでの間、カバラットのブースを無料で使うことができます。そこで自習や練習鑑定を行ってもらいます。

万が一、テストに不合格となった場合でも再追試を受けることができます。具体的なルールは決めていませんが、何度も無料で再追試を受けられる形にしようと思っております。

本日、二人目のアドバンスコース修了者が現れました。

そろそろ、チカホで「ひよっこ占い」をする日が近いかも…