2019年4月8日

今日はアサティ先生が来てくれました。

ルーン占いとお財布リーディング。

パワーストーンに古代文字らしきものが書かれていて、それを袋の中から選んで取り出し、出てきた文字によって占うという占法となります。

25種類あるそうな…

全くわからんわ(笑)

今日もまた5分500円を試験的にやってみました。

「お願いします」

若い男性がやってきました。

やっぱり、500円効果?

今までなら決して入ってこなかった人種です。

その時、私も鑑定をしていたもんですからね。

早速、アサティ先生に鑑定をしてもらうことに。

結局、彼は3000円を支払っていきました。

つまり延長を5回ばかりした計算になります。

今、悩んでいる。そして、目の前の占い師さんの話をもっと聞きたい…

そういう状況だったってことです。

にしても、アサティ先生、スゲェ…

来るなり、いきなり凄腕を見せつけられた感じ。

5分500円は、店内に入りやすい上に鑑定も受けやすい感じみたいです。

「今日はルーン占いの先生が来ていますよ。折角だから鑑定されてみては?」

鑑定が終わり、そのようにお声がけさせてもらうと、みんな占ってもらうんですよね。

500円という金額がそれを実現させているようです。

確かにね…

自分がお客さんの立場だとすれば、5分500円で鑑定を受けられる占い師さんがいれば、「とりあえず受けて見るか」ってなりやすいですよね。

そして、もっと話が聞きたい!ってなれば延長するでしょうしね。

今まで私は10分2000円で鑑定をしてきました。

そして、今日はトータル1500円を支払っていった方と、2500円を支払っていった方がいました。

う~ん…

これをどう判断するかなんですよね。

従来通りであれば、私の鑑定を受けた瞬間に2000円の支払いが確定しました。

1500円ってことは売上落としてんじゃん!

ともとれるし、

2500円ってことは売上上がってんじゃん!

ともとれます。

しかし、これは単純に数字だけでは判断できません。

内容が重要になってくるんです。

占い師A 500円 不満足

占い師B 500円 不満足

占い師C 500円 不満足

これではダメなんです。

売上1500円だった!で片づけてはいけません。

お客さんが満足してくれたかどうか?

この顧客満足度がとても重要になってくるってことですね。

見るべきは、うわべの売上金額ではありません。

安かろう悪かろうではいけないってことですね。

今日はとっても大きな決断をしました。

かなり悩みました。

1ヶ月占い放題を中止します。

勿論、今いるお客様へのサービスは継続しますけどね。

今後、新規でのお申込みは受けないことにしました。

「1ヶ月ブース借り放題」と「1ヶ月占い放題」

この相反する二つの企画を同じ場所で行う…

1ヶ月ブース借り放題はカバラットのブースを借りて、基本的には自分のお客さんを連れてくるというスタイルになります。

しかし、店内には「1ヶ月占い放題」のフライヤーなどが置かれています。

その連れてきたお客さんがそのフライヤーを目にしたら?

「こっちの方がお得じゃない?」

勿論そうです。1ヶ月占い放題は超超超、激安です。

業界的に価格破壊もいいところです。

つまり、自分で連れてきた自分のお客さんを1ヶ月占い放題に取られてしまう!ってことになってしまいます。

どっちを残すの?

究極の選択を迫られました。

ブースを利用してくれた人の不利益になる1ヶ月占い放題。

これを存続させる理由が見当たりません。

さらに悪いことが。

通常、私は10分2000円で鑑定をしてきました。

世の中の相場は20分2000円が一般的です。

イベント時などは10分1000円になるんですけどね。

単純に計算してみても、私の鑑定料は相場の倍しているってことです。

これは麻生時代から何度も言われています。「10分2000円だって!なまら高っ!」

しかし、私はその価格を押し通してきました。

中身で勝負!と思いましたからね。

現在、カバラットの店舗前には価格表がありません。

●今すぐ占える

●いくらかかるのかはっきりしている

これが重要だと考えています。

しかし、現在ブース貸をしている以上、その先生によって値段が異なります。

つまり、「いくらかかるのかはっきりしている」の条件が満たされていないことになるんです。

「料金はその先生によって異なります」というのは、お寿司屋さんでいう所の「時価」みたいなもんですわ(笑)

10分1000円でブース貸を利用している占い師さんからすれば、私の10分2000円の鑑定料が高いイメージを植え付けてしまうことになります。

だったらさ…

かなり勇気がいりました。

全部捨てる。

私はすでに占いバーの売上を捨てています。

そして、今度は私の鑑定料と1ヶ月占い放題の売上を全部捨てようとしています。

しかし、これらは厳密に言えば、捨てている訳ではありません。

ブースを借りてくれた占い師さんたちに分配することになります。

基本的に、もう私は鑑定を行いません。

イベントやご指名がない限りはね。

全く辞めるってことはしませんよ。だって私は占い師ですから。

一度、手にしたものを捨て去り、新しくものを手に入れて行く。

イメージとしては、100万円を捨てて、1000万円を取りにいく!って感じです。

THE ギャンブル!

まっ、今さら何を驚くことがありましょうかね?

これが私の生き方なんですからね。

勿論、失敗すれば、カバラットは終わりになります。

でも、私は終わりません。

だったら良くない?自己破産でもして、もう一回やれば良いだけでしょう。

占いの館カバラットは5分500円のお店にします。

勝負しますね!

はしご占いをリニューアルします。

今までは

1回券2000円

2回券3000円

3回券3600円

でした。

そこに、1時間券5000円を新設します。

つまり、はしご占い+占い放題をするってことです。

1ヶ月占い放題は中止にしましたが、それをチカホでやれば良くない?って発想です。

1時間券は「12:16~13:16」などと1分単位にしようと思っています。

基本的に1鑑定10分です。

しかし、この1時間券はその時間を決めるのはお客様とします。

つまり、1分~最大10分までということになります。

延長は不可とします。

この場合、鑑定開始2~3分で「もういいです」とお客様が席を立ってしまうことがあり得るということです。

それはOKとしますからね。

「とにかく、空いている席に座る」

そんな状況になると思うんですよね。

となれば、意図的に一人5分鑑定にされるお客様も出てくるのかも知れませんね。

それもOKとしますから。

6/8開催の第7回はしご占いから、この新システム導入とします。

その前に4/20~21の二日間はチカホではしご占いしますからね。

ついでに6/8から、占い師さんへの日当も変更します。

今までは一律同額支給だったんですが、基本保証+歩合にしました。

つまり、最低保証はしますが、それ以上はあなた次第ですよ!ってことです。

給与算出ルールを明確に透明化することで、全員が納得し、それぞれが目標を持ってイベントに参加できると思います。

「岡田さんは白黒はっきりつけたい人ですか?それともグレーが許せる人ですか?」

とある人に聞かれました。

勿論、グレー派の人間です(笑)

カバラットカラーは白黒ですけどね。

私自身はグレーで生きています(笑)

だって、そっちの方が楽に生きられるんだもん!

選択肢は無限にあるんです。

白と黒だけのはずがありません。

推理トリックの原則に「人・場所・時間」というものがあります。

変装などをして人を変えてアリバイを作ったり、札幌で撮った写真をあたかも東京で撮った写真のようにしたり、1週間前のことをあたかも昨日のことであったかのように…

「人・場所・時間」が変われば結果も変わってくる。

つまり、

あなたの恋愛運は「彼」でなければ上手くいく。

あなたの仕事運は「この会社」でなければ上手くいく。

あなたの金運は「今」でなければ上手くいく。

これらの要素を取り入れた考えに基づけば、選択肢は「別れる・別れない」「辞める・辞めない」「成功する・失敗する」だけのはずがありません。

いいんですよ。グレーがあっても。

そして、グレーすら選択しないという選択肢もあるってことです。

私の人生の目的は「人々に希望を与える」ということがあります。

逆を言えば、希望を与えることができるのであれば、占いそのものはそんなに重要なものではないと言えるでしょう。

物凄く細かく精密に色んなことを考え、実際には適当に感覚で行動している。

そんなねずみ色の私です(笑)

色んなものを捨てました。

色んなことを捨てました。

でも、私を必要としてくれる人たちがいる。

でも、私を応援してくれる人たちがいる。

だから、私は頑張れます。

人々に希望を与えるために…