長い物には巻かれろって言うけどカバラットは長くないし…2019年4月29日

「あのぅ…、すみません…」

店内に女性が入ってきました。

「いらっしゃいませ」

「あのぅ、すみません。本当に500円なんでしょうか?」

本当に500円!

この表現にとても驚かされました。

本当に500円ということは「激安」「そんなはずはない」「他にもお金がかかるに違いない」「表示が間違っている」などなどの考えが浮かんだのでしょう。

つまり「あり得ない」と判断したってことです。

「本当に500円ですよ(笑)」

彼女は鑑定を受けて行きました。

結局、彼女が支払った金額は3000円。悩みが深ければ延長回数も増えるってことですね。

「本当に500円」

20代の女性が言った言葉です。彼女には常識外の金額だったと言えるでしょう。

1階の看板効果がボチボチ出てきました。

本日、続けて新規の看板客が入ってきました。

男女4名のグループ。

1996年生まれ×1人、1999年生まれ×3人。

なんと!私の息子たちと同じ年じゃありませんか!

私の長男は1996年生まれで次男が1999年生まれですから。

にしても、今までなら絶対に入ってこなかった人種です。

「下の看板みたのかな?」

「はい、そうです」

やはり、500円の看板が目に入ったようです。そして、500円なら占ってみようか!ってなったようですね。

全員が人生初の占いだったようです。

これは責任重大。

こうなるといつものように占いバースタイルでの鑑定となります。

4人全員を横一列に並ばせ、一気に鑑定をしていくと。

今回は5分鑑定バージョン。ずっと喋りまくりました。

困ったことがあったらいつでも来るんだよ!

そんなお父さん目線での鑑定となりました(笑)

また一人、看板客が入ってきました。

「カバラットって麻生にありませんでしたか?」

「はい、ありましたよ!」

カバラットカラーは黒地に白文字の白黒カラーです。時々、黄色が入りますけどね。

これは麻生時代からも同じです。

「もしかして、麻生に来てくれたことあるのかな?」

「はい、占いバーに」

たまたま道を歩いていて、たまたま「占い 500円」の看板が目に入ったようです。

たまたま入った占いのお店がたまたま行ったことがあるカバラットだったってこと。

なんか、来るべくして来たのかな?って感じがしますよね。因縁めいたものを感じます。

その他、もう一人が看板見ました!と言って入ってきました。

今日の看板客は6名。全員が20代の若者たちです。

その他、リピート客も含め、なんだかんだと私一人で12名の鑑定を行いました。

私がパソコンを持って移動する度にお客さんが入ってくる。

全然、デスクに座らせてくれない状態。嬉しい悲鳴ですね。

今日は偶然にもお客様がかぶることがありませんでした。

ちょうど良いタイミングで皆さん来られましたから待ってもらうことがありませんでした。

途中、タロット講習生がやってきて急遽、アドバンスコースが開始。

今回入った5名の受講生。

全員がベーシックコースを終わらせ、次のアドバンスコースへと進みました。

アドバンスコースは全6回。

これが終われば、チカホ行きとなります。

勿論、最終的には卒業試験的なことはしますよ。それに合格しなければチカホへは連れていきません。

そりゃ、最低限のレベルってもんがありますからね。

しかし、その最低限のレベルっていうのが、皆さんが思っているレベルと私が思っているレベルではかなり差があると思われます。

私が思っているのは「ひらがなが読めれば合格」ぐらいなレベルです(笑)

「人々に希望を与える占い師」

これは講習中に何度も言っています。ここさえ守ってくれれば破門にはしませんので(笑)

こりゃ、5人全員を連れてチカホへと行く日もそう遠くないかも知れません。

「ひよこ占い」

「ひよっこ占い」

まだ正式名称を決めてはいません。

そもそも、ひよこが成長したら「にわとり」になるの?

となれば、経験豊富な先生達は「にわとり占い」って表記になるのかな?(笑)

世の中にはカバラットの受講生以外にも鑑定経験が少ない「ひよこ」さんたちがたくさんいると思うんですよね。

しかも、どのように活動していって良いのかわからないって人が多いのかなと。

こういう人達もまとめてチカホへ連れていけないかなと。

そりゃ、受講生が最優先とはなりますよ。チカホに連れていくにもブース数には限りがありますからね。

「自分の鑑定がこれで良いのかわからない」

「どこでどういった活動をすれば良いのかわからない」

これは私がぶち当たった問題です。

独学の限界。

まっ、私は独学で占いをマスターし、見様見真似でイベントを開催し、今に至っている訳ですけどね。

私にできて皆さんに出来ないなんて道理はありません。

しかし、自分で何かをやるには時間がかかります。ゆっくりと稼いでいきたい人はそれでも良いでしょう。しかし、すぐに稼ぎたい人は…

「長い物には巻かれろ」とはよく言います。

安心してください。カバラットは全然長くないですから(笑)

そして、今なら受講生特典があります!

「あからさまなえこひいき」

無料で受けることができますからね(笑)

7/16にチカホの憩いの空間を押さえています。

実はまだ何のイベントをやるのか決めていません。

もし、この5人が育つのであれば、全員連れて横一列に整列って考えられます。

そして、現在、上級コースを受けている受講生が一人います。彼女は先日の占載一遇でプロデビューしています。

上級コースでは小アルカナも含めたフルデッキでの鑑定となります。

5名の受講生の先輩にあたる人ですね。

しかし、彼女もまたひよこであることには変わりません。

6人のひよこたちがヨチヨチ歩きをしていく。

パクリっ!

食べられないように守らないといけませんね。

世の中には悪いキツネやタヌキがたくさんいますからね(笑)