2800万円が700万円で済みました2019年4月25日

「チカホで占ってもらった者なんですが…」

電話がかかってきました。

はて?どなただったかな?

「ビルの売買の…」

あっ!思い出した!

本日の10:30に予約となりました。

「ビルの売買で3000万円からの話なんです。いくらでも待ちますので当たる先生でお願い致します」

チカホで行っていた占載一遇。このお客様は受付係にそう言ったそうな(笑)

3000万円からの占いですからね。そりゃ、ひよこ弟子に占わせるわけには行きません。

とりあえず、責任者である私が鑑定をしました。

どうやら、その時の話に進展があった模様。

その相談でまた占って欲しかったようです。

「2800万円が700万円ですむようになりました。先生のおかげです。ありがとうございました」

どうやら、良い方向に話が進んだ様子。良かった良かった。

にしても、2800万円からすれば700万円という金額がとても少なく感じるのは気のせいでしょうか?(笑)

「またチカホでやりますので、来てくださいね」

「いいえ行きません。こっちに来ますから」

ありがたい話です。これからもきっと来てくれることでしょう。

館は5分500円ですからね。2800万円の問題が500円そこいらで解決するとなれば激安と言えるでしょう(笑)

まっ、そこは金額ではありませんからね。悩みに高価も安価もありませんので。

とにかく、問題が解決して良かった。私も一安心です。

席についてパソコンを打とうとするとお客さんが入ってきます。

結局、5人の鑑定を行いました。

500円という金額がとても入りやすいようです。今までなら絶対に来ていないような方達がやってくるようになっていますから。

そして、ピンポイントでひとつのことだけを占ってもらいたいってパターンもありました。

その方は5分鑑定のうち残り1分を残して終了。

「そのことだけ気になっていましたから」

つまり、500円を握りしめて、その1点だけを聞いて帰るお客さん。

きっと、おみくじを引くような感覚なのかも知れません。

カバラットおみくじは200円で販売しています。これはこれで売れるんですけど、おみくじを200円で引くのであれば、500円だして気になっていることを鑑定してもらう方が良いとも言えます。

なんかとても予感がしています。楽しみです。

チカホのイベントで次回試してみます。

集客のためのこと。

受付でサイコロ振ってもらいます。そして、ゾロ目が出たら無料鑑定!

至ってシンプルなイベント。

このサイコロを振るという行為は無料とします。全通行人が対象となります。

つまり、占いにさほど興味がない人も、とりあえず、サイコロを振ってみると。

そして、ゾロ目が出たら無料で鑑定を受けられるわけです。

これは凄いことになりそうじゃない?

サイコロを無料で振るために長蛇の列が出来ればこっちのもの。

人が人を呼ぶ。

とにかく長蛇の列や人だかりの状況を作り出したいんですよね。

そりゃ、元々、占ってもらおう!と思ってやってきた人からすれば、券を買う前にとりあえずサイコロを振ってみますよね。

そして、ゾロ目が出たら無料になる訳ですから超ラッキー!となります。

これは商品配布のようなものではありませんので事前の準備は必要ありません。また、商品自体の用意や原価の心配をすることもありません。

ただ、サイコロを振れる環境を整えるだけ。

でも、やるからにはド派手に行きたいですよね。

ゾロ目が出たら、ベル鳴らしまくりますからね。「大当たりです!」

問題は「どの程度の確率で当選させるか?」となります。

サイコロを2個使うのと3個使うのでは確率が変わってきますからね。

無料鑑定とは言え、5分無料鑑定券、10分無料鑑定券、30分無料鑑定券など色々なパターンの「無料鑑定券」が作れそうです。

また、小当たり的に5分無料延長券などのように「延長券」を提供することも出来そうです。

よく占いイベントでは「先着50名様にプレゼント」とか、スタンプラリー形式でブース利用3か所でスタンプをもらった場合、景品プレゼントなどの企画があります。

だから、私はそれをやりません。だって、既にみんなやっていることだもん!

しかし、この「無料鑑定券」や「無料延長券」の配布は誰もやっていないと思います。少なくとも札幌の占いイベントで見たことがありません。

って、このサイコロ振るの自体は居酒屋さんやたこ焼き屋さんで既にやっていますけどね。

簡単に言えば、そっからパクったって話です(笑)

でも、これって良くない?

「とりあえず、やってみる」の血が騒ぎ出します。

チカホの全通行人が対象となります。無料のチャレンジなので、「とりあえずサイコロ振ってみるか?」って人達が受付にたくさん並び始めるはずです。

ハズレた人も「折角だから占いやっていくか?」となる可能性もあります。

「無料延長券」の発行によって、「それならば占いやっていくか?」となる人も出てくるかも知れません。

何よりこれはお金がかからない。

5/11、12の占載一遇でやってみますね。

「当たりが出れば無料鑑定!」の横断幕作ろうかな?やるならド派手にいきたいですからね。

ハッピとかも作る?

って、今日、思い付いたんで5/11まで時間ないですけどね(泣)

皆さん!

ってことなので、まずは受付でサイコロを振ってから会場の中に入った方がお得ですよ!当たりが出たら無料鑑定になりますからね。