2019年3月25日

「衣食足りて礼節を知る」

着るもの、食うものに困っている人間に礼儀について語った所で聞く耳など持ちません。

これはその人の置かれている立場が精神状態に大きく影響し、さらにその精神状態がその人の考え方や行動に影響するってことでしょう。

これはきっと真実なんでしょう。

自分が餓死寸前の状態で隣にいるお腹を空かせた人に食べ物を分け与えてあげることができるものなのか?

私は餓死寸前の状態になったことがありません。

人間の極限の精神状態というものを経験したことがありません。

例え自分が餓死してでも隣の人を助ける。

そんな神様仏様のようなことができるものなのか…

凡人である私は「衣食足りて礼節を知る」ってことなんでしょう。

「継続するためには儲けなくてはならない」と考えていますからね。

みんなを幸せにするためには、まずは自分が幸せになっていないといけないとも思いますので。

とある運送屋さんのお話。

独立したばかりの彼は、まだ仕事が少ない状態でした。

彼には生活がかかっています。

相場よりも安く仕事を請け負い始めることに…

その安さに不満はあったものの仕事が欲しかった彼。

実際に仕事が始まりました。

徐々に仕事をしていくうちに段々と彼の不満が大きくなっていきました。

「こんなに安くこの仕事を引き受けてくれる運送屋なんて他にないって…」

そして、彼は勘違いをし始めたのです。

「仕事をしてやっている」

段々と手を抜き始めるようになり、態度も高圧的になっていきました。

だって、彼の中では自分の方が「立場が上」だったのですから。

そんな彼がその仕事が続かなくなったことは言うまでもありません。

もし、彼が十分な報酬をもらっていたとすれば…

きっと、彼は「仕事をさせてもらっている」と謙虚になったに違いありません。

しかし、今の私の立場からすれば、そうは思いません。

「引き受けなければいいじゃん!」

これは自分を安売りした結果の出来事です。

引き受けたからにはきちんと仕事をする。

そんなの小学生でもわかる道理です。

自分の甘さを他人に転嫁しているとしか思えません。

これは経営者としての考え方でしょう。

自分が雇われていた時は「わかる!わかる!」と共感したのでしょうから(笑)

モチベーションという言葉をよく使います。

やる気であったり、気持ちであったり…

ボランティアで活動をするには、あなた自身が経済的に精神的に満たされていなければ決して長続きしません。

精神状態はとても重要だってことです。

儲けることは決して悪いことではありません。

「儲けたお金を何に使うのか」が重要なのです。

だから遠慮なく儲けて下さい。

まずは自分が満たされること。

その上で周りを満たして下さいね。

このお客様が帰った後、いつものように自分に置き換えて考えてみました。

あれ?俺って逆のことしてない?

お客さんには、「自分が先」ってアドバイスしておきながら、私自身は「周囲が先」ってしていることに気付きました。

俺って餓死寸前の状態で隣の人に分け与えていたわ(笑)

でも、これはお勧めしません。

あなたがタイプ33でなければね(笑)

Nさん、ハーブティーありがとうございます!

疲れた時に飲みますね(笑)

カバラットグループ

そんなもんはありません。

しかし、世の中はそうは思わないってことなんでしょうね。

いつもいるメンバー。

いつの間にか、「カバラットの人」ってことにすり替わってしまう。

私がその人を雇っているのであれば、カバラットの人でしょう。

しかし、弱小カバラットに誰かを雇うなんて余裕があるはずもありません。

「ふぅ~」

私は占い師さんたちを誘って飲み会を開いたことがありません。

もし私が皆さんに対して「飲み会のご案内」みたいなものを送ったとすれば、そこに強制力みたいなものが生じてしまうと思うからです。

「カバラットさんからの誘いを断ってしまったら…」

「仲間外れにされてしまうかも…」

「ここは顔を出しておいた方が良いだろう…」

「行かないと次の仕事を回してもらえないかも…」

こんな風に思われたくないんです。

さらに、非公式に何人かで飲みに行ったとしても問題が起きると思っています。

「私は誘われていない…」

なので、私は特定の誰かと特定のことをするってことは、あえてしてきませんでした。

私はカバラットを守らなくてはなりません。

そして、私を必要としてくれている占い師さんたちを守らなくてはなりません。

私は誰かの評判や噂話でその人を判断しません。

そして、誰に対しても「1回はチャンスを与える」つもりでやっています。

今までは占いバーがありましたからね。

「それでは、はしご占いの打ち上げは麻生の占いバーで!」

って、さすがに言えませんでした(笑)

ススキノにあれば言えましたけどね。麻生まではるばる二次会しに来るってのもね…

ってなことを実は考えている訳ですよ。

それが、私が飲み会を開かない理由です。

でも、年に1回ぐらいは懇親会的なものがあっても良いのかも知れませんね。

全くないってのもダメなんでしょうかね?

渡り鳥ツアーも懇親会的要素も込めて企画したんですけどね。

渡り鳥ツアー…

はっ!忘れていたわ!

函館ツアーの話、進めないと!

函館在住の占い師さん!一緒にイベントしませんか?

私は決して怪しい者ではありませんので!

興味のある方は、気軽にご連絡下さいね!

札幌在住の占い師の方もお気軽に!

そう言えば、「さよなら占いバー」をしよう!って話があります。

正式な営業は既に終了していますが、テナント自体は3/31まで借りていますもんで。

みんなで持ち寄ってワイワイガヤガヤ飲みませんか?て話なんですけどね。

本当に身内の飲み会ってことです(笑)

どうしよっかな…