2019年3月18日

バーで使っていたティファールを持ってきました。

これで、お店でもコーヒーや紅茶が飲めるように。

皆さん、勝手に使って良いですからね。

で、ドリンクやマイカップを置いていきたい!ってなると思うんですけどね。

バーから持ってきた棚を使うことにしました。

1ヶ月ブース借り放題を利用している方を対象に月額1000円で収納ボックスと棚1つを貸し出すことにしました。

「金、とるんかい!」

はい、取りますけど何か?

そこを利用して、ご自分の物を置いていって下さいね。

勿論、貴重品の管理などは各自でお願いしますね。

貴重品と言えば、アジア系の小学生ぐらい?の男の子が店に入ってきました。

どうやら財布を無くしたらしい…

「財布を無くしたの?」

「はい」

「おじさん、見てないな…」

しょんぼりする男の子。

札幌に旅行に来て、財布を落として嫌な思いをする。

なんとも…

にしても、さすがの丸大ビルです。

ジャパニーズアニメの力はでかい!

ここは結構、外国人が来ますからね。

アジア系がほとんどですけど。

彼の財布が見つかることを祈っています。

見つかると言えば、前に「探しネコ」の情報をホームページに掲載していたんですけどね。

わんにゃんデーのページの告知コーナーにね。

なんと!そのネコちゃんが見つかったそうな!

しかも無事に保護されたとのこと。

良かった良かった。

この告知ページが役に立ったのかどうかは不明ですが、にしても無事に保護されたことは喜ばしいことです。

とても良かったです。

「これから行って占ってもらえますか?」

電話の主は男性。

うちは予約不要です。いつでもOKですよ!

「麻生のママさんの紹介で…」

昔の繋がりが今も生きているようです。

ご紹介ありがとうございました。

「同じ職場で付き合っていた人と別れた」

これは結構つらいですよね。

忘れたくても忘れられない。

そんな状況を打開するには連絡を一切絶ち、決して会わないこと。

時間がゆっくりと解決してくれますから。

しかし、同じ職場で働いているとなると、こうはいきません。

ずっとやめていたタバコと同じです。

ひょんなことから1本吸ってしまい…

同じ会社ということは、ひょんなことから会ってしまう機会があるってことです。

ましてや、他の男性と仲良く喋っている姿なんかを見ようもんなら…

彼は今、元彼を忘れられない環境にあるってことです。

お二人の相性を見てみました。

あまり良くない…

そして、彼は彼女を忘れられない…

占い師として、何を伝えるべきなのか?

正しいことはなんなのか?

ストレートに言えば、「この彼女のことは諦めて、早く他の女性に目をむけるべき」となります。

しかし、この方はその言葉を受け入れるだけの精神状態なのか?

そこも踏まえた上でのアドバイスをしなければプロとは言えません。

代替え案を出しました。

気が付けば、1時間近く経過…

「もうこんなに人を好きになるなんて決してないだろう」

今の彼はそんな心境です。

「はいはい、違いますよ。そんなのすぐにまた誰かを好きになりますから(笑)」

なんですけどね。

しかし、今の彼にそれを言っても無駄なこと。

単に占って、その結果を伝えれば良いのであれば、それは三流占い師と言えるでしょう。

何を望んでいるの?

人が悩むのは葛藤があるからです。

右に行こうとする力と左に行こうとする力。

そんなことは自分でもわかっているんです。

不倫はいけないことだと皆さんわかっているんです。

でも、彼を愛してしまい離れられない。

左右へと力が働き、それらが悩みの原因となるのです。

恋愛は相手がいることです。

相手の心を支配することはできません。

料金が1万円になってしまい、彼には1ヶ月占い放題に加入してもらいました。

同じ1万円を払うのであれば、1ヶ月間無料の方がお得ですからね。

実際に、もう占うことはないと思います。

しかし、彼は誰かにこのことを話さなければ、とてもじゃなけいど自らを保てないと思われます。

いつでも構いません。

あなたの頭の中のことを私に話しに来て下さい。

あなたの心の想いを私に話に来て下さい。

それだけでも意味はありますからね。

占うだけが占い師の仕事ではありません。

3/24に占い師セミナーがあります。

「占い師とは、なんぞや?」

そんなことを考えるきっかけにしてもらいたいです。

素晴らしい占い師は素晴らしい人間。

これは間違いないです。

私はまだまだ三流ですけどね(笑)