2019年3月13日

朝9:00

開店前に歯医者に行って来ました。

久しぶりに通勤ラッシュの時間帯に地下鉄に乗りました。

想像していたよりも人は少なかったです。

勿論、いつも乗る時間よりははるかに混んでいましたけどね。

ついに入れ歯を入れる日がやってきました(泣)

上の部分なんですけどね。

装着時の違和感はそんなにありません。

この歯医者の先生、少し変わっている人だけど腕は信用しています。

でも、金具が見えてるし…

「7000円になります」

金具見えても仕方ないよね。保険の範囲内での入れ歯ってなるとさ。

お金持ちになったら金具の見えない入れ歯を作りたいと思います。

お店の前に女性3人の姿。

入口前に置いてある料金表やフライヤーなどを見ていました。

勿論、説明するために近づいて行きましたよ。

「ひっぱんはんていのはか、ひっかげつひちまんえんとひうこーすがはりまして・・・」

訳:一般鑑定の他、1ヶ月1万円というこーすがありまして…

マジでショックでした。

入れ歯、なまら喋れないし…

口の中に飴玉を大量に入れ、喋っている感覚。

その女性たちは去っていきました(泣)

こんなに滑舌の悪いおっさんは不気味な存在だったことでしょう。

マジで困ったわ…

喋るのが商売ですからね。

食べることよりも喋ること。

私の優先順は仕事ですから。

「あいうえお、かきくけこ、さしすせそ…」

いきなり、発音の練習を始めました。

「たちつてと」が変?

そこへ電話が入りました。

「はい、はばらっとでございます」

カバラットって言えてねぇし…(泣)

もはや致命的です。

「椅子が3つ足りないんですけど…」

大型ごみの収集する方からの電話でした。

家の前に8脚ほど椅子を置いてきたんですけどね。

勿論、8脚分のシールを貼っていましたよ。

3つ誰かが持って行った様子。

現場には5脚の椅子しかなかったようです。

はっきり言って、どーでも良い話。

今さら、3脚×200円=600円の返金など求めません。

こっちは、椅子問題ではなく、入れ歯問題で四苦八苦していますからね。

早々に電話を切り、再び発音の練習。

わかっているんですよ、これは慣れの問題だってこともね。

しかし、仕事に支障が出てくるようだと入れ歯を外さざるを得ません。

食事の時だけ装着する感じ?

少なくとも今日一日ぐらいは我慢してみるか…

このヒゲ面留学生は必死に日本語の発音を繰り返すのでした(笑)

そこへお客様。

鑑定をすることに!

私の鑑定スタイルはマシンガントークで一気に話すって感じです。

入れ歯のせいで、いつものスピードに乗れません(泣)

これは鑑定スタイルそのものが変わってしまいそうです。

ゆっくりと落ち着いて喋る。

意外とこっちの方が評判良かったりしてね(笑)

「マスター笑ってみて」

にっ!

金具が見えます。

48才にして入れ歯。

「来週は下の歯に手を付けますから」

歯医者の先生の言葉が思い返されます。

下にも、もうグラグラな歯があります。

2本は確実に抜かれることでしょう(泣)

上の歯だけでこんなに悪戦苦闘しているんです。

これに下の歯の入れ歯も入ったら…

マジで喋れんかもしらん。

こうなると部分入れ歯をちょこちょこ入れるぐらいなら総入れ歯にしてしまいたのが私と言う人間。

「残った歯を大切にしないと!」

それは理解していますけどね。

ダイコクドラッグに「タフデント」を買いに行きました。

もう、すっかりおじいちゃんです(泣)

でも、嬉しいこともありました。

折角、入れ歯が入ったんです。

耐久テストの意味も込めて「おせんべい」を食べてみました。

バリッ!

おっ!食えるじゃん!

最近では料理の選ぶ基準が明らかに「美味しいもの」ではなく「やわらかいもの」へと変わっていましたからね。

これで「固いもの」が食べられるようになりました。

でもね、そんなに固いものを食べたいって思わないんですよね。

肉より魚って感じかな。

もう、すっかりおじいちゃんです(泣)

夜になると、結構慣れてきました。

それなりに発音ができるようになっています。

どうも、周囲の人は違和感を覚えない様子。

つまり、私だけがいつも通りに発音できていないと感じているようです。

「赤まき紙、青まき紙、黄まき紙」

「蛙ぴょこぴょこみぴょこぴょこ」

このヒゲ面留学生はかなり優秀なようです(笑)

入れ歯付き発音をマスターしました!

歯をちゃんとすれば糖尿病の数値も良くなると思うんですよね。

って、チョコレートを食べながら思いました(笑)

皆さん、歯は大切にしましょうね!