2019年2月27日

正義の人

この人種は、そもそも頭が良いんです。

色々なことを常に考えています。

自分の価値、自分の生き方、自分の社会との関わり方…

いわゆる「小難しいこと」を常に考えているんですよね(笑)

逆を言えば「なんとなく」生きることが出来ないんです。

目的や理由みたいなものが必要となるってことです。

今、自分がしている仕事は社会に対して、このように役に立っているとか、このように人のためになっているとか。

つまり、頭で働くタイプだってことです。

そこに利害関係や営利目的のようなものは存在しません。

感覚的にはボランティアみたいな感じなんでしょうね。

勿論、ボランティアだけでは生きてはいけません。

生きていくのにお金は必要ですからね。

そんな人種がお金のために働こうとするならば…

正義を感じられない仕事を単にお金のためだけに行う。

続くはずがありません。

時間をかけても良いんです。

むしろ時間をかけるべきなんです。

あなたにとっての正義を感じられる仕事との出会いにね。

頑張って下さい。そして、また何か悩むことがあれば、いつでもお越しくださいね。

占いバーの看板がなくなりました。

4段ぶち抜きで使っていた「占」の文字。

真っ白なアクリル板だけとなってしまいました。

さすがに4段が真っ白だとビル自体に空き店舗が多いように感じられます。

しかし、それは私が考えることではありません。

あの看板は入れて大正解でした。

「看板見てきたんですけど…」

多くの方が看板によってカバラットの存在を知りましたからね。

そして、今回この看板は私のために撤去しました。

通常、飲み屋のテナントが出ていった時って、余計な経費はかけないものです。

看板などはそのままにしていくことが多いでしょう。

夜逃げの場合もありますからね(笑)

大家さんとしても、看板がスカスカ状態では見栄えが悪いですからね。

実際にそのテナントがなくても看板を入れたままにしているケースが多いんです。

しかし、今回、私は自分のために看板を撤去しました。

看板の効果が大きかったこともありますから、今後、看板を見てお客様が占いバーに来てしまっては私が困りますからね。

思い出たっぷりの占いバー。

にしても、なんか麻生が寂しいことになっています。

ホルモン屋さんも撤退するそうな…

しかも、何十年も続いたお店が撤退していくんです。

麻生に異常現象でも起きてるの?

そう思ってしまうほどです。

あの、あのカバラットさんも撤退しましたからね(笑)

占いバーの看板が消えました。

皆さん、ありがとうございました。