2019年2月10日

適職セミナーにて

転職をする理由は人それぞれ違います。

多くは職場の人間関係が悪化したためが挙げられるでしょう。

その他は労働条件。

ブラック企業のように残業が多く、休みも取れないなんてこともあるでしょうし、給料が安いということもその理由になるでしょう。

しかし、給料が安いから転職を考えている方にお伝えしたいんです。

それは「お金」の問題だけですよね?

ならば、副業や副収入を得ることで解決できる場合もありますよってことです。

お金のために居心地の良い環境を捨て、高収入の会社を選ぶ。

しかし、その転職先での人間関係が悪く、また転職を…なんてことにならないとも限りません。

実際、生きていくためにお金は必要です。

綺麗ごとではありません。

給料面を選定基準に置くことは当然のことでしょう。

しかし、目に見えない「人間関係の良さ」は貨幣価値では表現できないことも認識しておくべきです。

お金のために転職を!と考えている方は、そのことも含めて考えてみて下さいね。

にしても、もう私は完全に発想が一般的ではなくなっているようです。

例えば、月に3万円の給料アップが欲しいとします。

多くの人は、「どこでアルバイトしようかな?」とか「どこに転職しようかな?」と考えるはずです。

しかし、私は違います。

「どうやって稼ごうかな?」

どんなイベントや企画を立ち上げて3万円を儲けようかな?って考えるってことです。

つまり、自分で稼ごうって発想になるんですよね。

どこかに出稼ぎに行くとか、雇ってもらって働かせてもらうなんて発想にはならないんですよね。

自営業ですから当然と言えば当然ですけどね(笑)

でも、世の中の人が全員、私みたいに「自分で稼ぐ」を選択すれば、それはそれで成り立たないと思います。

1日×3万円を稼ぐのも、30日×1000円で3万円を稼ぐのも目的達成という点では同じです。

1日で3万円稼ぐとなると、ハードルが高そうですけど、毎日1000円となると何とかなるんじゃない?って気になります。

なので、稼ぎ方にも色々な方法やパターンがあるってことです。

そう考えると、色んなことをやってみたくなります。

そんなことを考えるだけでも楽しいんですけどね。

なんか今日、世間とのズレみたいなものを感じました。

私は占いと出会い、占い師になることができました。

これで、私の人生が成功することが約束されました。

だって、楽しいんですもん。

商売的に成功するかどうかは問題ではありません。

この天職に巡り合えた私は幸せもんだと言うことです。

常連さんがお知り合いを連れてやって来てくれました。

最初は10分鑑定をし始めたんですけどね。

10分が終了すると、

「やっぱり30分で…」

となりました(笑)

聞きたいことは山ほどある。

そうですよね、悩みまで行かなくても気になっていることはたくさんありますよね。

色々とお話をお聞きしました。

男性は15年もの間、別居生活。

事実上、離婚した状態と言えるでしょう。

離婚話を持ち出すと妻が怒り出す。

話が面倒くさくなり、そのまま保留。

その繰り返し。

そんな状態をほんの15年ほど続けてきたそうな。

そんな男性とお付き合いをすることになった彼女。

厳密に言えば、不倫になることでしょう。

しかし、15年も別居しているんですからね。

どこか、許されそうな気にもなります。

これを機に離婚となる可能性も出てきました。

どうなることやら…

男は身勝手な生き物です。

女の前では都合の良いことを並び立てます。

「妻とはうまくいっていないんだ」「もう夫婦間は冷めきっている」「今、離婚を考えている」「君と結婚したい」

でも、実際は言い訳を繰り返して現状維持が続いていく。

「いつ奥さんと別れるの?」

聞くに聞けない質問。

「言葉より行動」

先ずは、相手が正式に離婚してから考えるべきです。

結婚したままで他の女に求婚するなんてことは、すでにおかしな話ですから。

参加資格がないんですよ。

にもかかわらず、エントリーしようとしているってことですからね。

そして、15年間も放置した離婚話を16年目に解決するの?ってことも疑問視します。

15年間、読まなかった本を16年目に読むとは思えませんよね。

ただ、あなたの出現で事情が変わったかも知れません。

まずは相手の行動を見てから判断した方が良いですね。

「離婚する」や「結婚する」は「するする詐欺」になりやすいです。

男の言葉をすべて鵜呑みにすべきではありませんね。

母一人、子一人

一人息子は東京の大学に行きたいと言っているそうな。

将来の目標もあり、そのためにも東京へ行きたいとのこと。

とても立派な息子さんだと思います。

息子さんには問題はないでしょう。

しかし、問題なのはお母さんの方。

あなた、絶対に子離れできないタイプですよね?(笑)

これは絶対に「私も東京へついて行く!」パターンです。

「お願い、お母さんを捨てないで!」パターンとも言えます。

母子の絆は深いものがあるでしょう。

第三者には知ることが出来ない強い絆が存在するはずです。

しかし、永遠に二人で生きていくことはできません。

息子だっていつかは結婚し、家庭を築くことになるかも知れません。

その時に、あなたもついて行くんですか?

「私もついていく!」「お願い、お母さんを捨てないで!」

息子はそれで良いかも知れません。

しかし、お嫁さんはどう思うでしょうかね?

こいつ、マザコン野郎…

子どもは、いつか巣立って行くものです。

快く、それを祝福し、笑顔で送り出してあげる。

それも母親の仕事ではないでしょうか?

一応、子離れの話はしましたよ。しましたけど…

この方は絶対に「私も東京へ行く!」と言い出すはずです(笑)

悲しいかな…

子離れできない母親

髪を染めました。

床屋に行き、髪を短く切ってから、色戻しのカラー染めを買ってきました。

黒?茶色?なんかよくわかりませんけどね。

とにかく金髪は卒業しました。

なんか、3年ぶりに見る自分の姿に少し違和感。

なんか別人みたい(笑)

新しい名刺も届きました。

大通の住所が入っています。

新しい気分でスタートです!