2019年12月28日

年内最後のチカホイベント

今回は占い師10人の小規模開催となりました。昨日が仕事納めだった会社が多かったように思われます。その晩は飲み屋さんも混んでいたようですからね。なので午前中はそんなに人が出ていなかったような気がします。

(13:00以降かな…)

読みは的中し、13:00以降とても混み始めました。最終的に私は25人を鑑定。

「今日はたくさんお客様が来てくれました」
「過去最高の売上になりました」

占い師さんたちからそんな声が聞こえてきます。参加した占い師全員が満足いく結果となりました。これはお盆の時の台風特需で大入りになった時のようです。前回は25人の占い師さんが参加しましたが今回は10人という違いはありますけどね。今日のイベントは当たり日と言えるでしょう(笑)

なんか占いイベントは10人ぐらいがちょうど良いのかも知れません。お客さんにとってはたくさんいる方が選べる楽しみがあるでしょうけど、あまりに占い師の数が多いと「分散」してしまうんですよね。

通常は占い師10人ぐらいでイベント行い、年に1~2回ぐらい占い師50人ぐらいで大規模な占いフェスを開催するのも良いかも知れませんね。

そろそろカバラットでも物販をしてみようかなと考えています。占い師ブース、物販ブース、宣伝ブースを各三分の一ずつで構成するのが良いのかなと。物販ブースで手相カードを売り、宣伝ブースで占い講習会の入会を受け付けるなんてのも面白いですよね。

チカホで鑑定中に一本の電話。チカホ撤収後、大通のお店に戻って1時間の電話鑑定をすることに。その電話鑑定も無事に終了し閉店。どっと疲れが襲ってきました。結局、今日は26人を鑑定。

「前にチカホで観てもらったんですが…」

この人達の中から必ず、リピーターの方が現れます。私はイベントでは10分1000円で鑑定をしています。売上も重要ですが、20人以上の方に名刺を配ることを目標にしています。それが大通のお店への誘導にも繋がりますからね。

とても疲れましたが、とても充実感一杯の一日でした。しかし、これでハッピーエンドとはなりません。やはり気がかりは海景先生。彼女はタロットと手相をカバラットで学んだ私の一番弟子です。彼女の結果がとても重要になります。

今回の彼女は見事20人以上の鑑定を行い、売上的にも私の期待値を上回りました。もう充分、プロとして独り立ちできるレベルです。こうなるとチカホイベントを彼女に任せ、私は別のイベントに参加することができるようになります。

「彼女の成功が次の受講生への指針となる」

この次に現在勉強中の講習生たちが控えています。ゆくゆく私は大通のお店を海景先生に任せようと思っています。どうせ私のことです。その時、私自身は次の何かを行っているはずなんです(笑)

何かを立ち上げ、ある程度軌道に乗ったら、それを海景先生に任せ、私は別の新しいことを始める。その繰り返しにしようと思っています。

なので海景先生はずっと大通店の店長さんって訳ではないんです。次のお弟子さんに大通店の責任者になってもらいますからね。海景先生は常に動き続ける私の引継ぎ係なんです。そして、その海景先生をサポートする人の存在が必要となってくる。

2020年2月22日

大通に移転してきて一周年となります。同時に私の49歳の誕生日ともなります。この日、私は新規事業を立ち上げます。今回ばかりは全財産を投入しようと思っていますから今までの規模とは異なります。本気度もMAX。カバラットを全国区にして一気に株式会社にする。それが2020年の目標です。