2019年11月27日

HBCテレビから電話がキタッ!

以前、HBCラジオの番組に出たことがありました。その繋がりで今度はHBCテレビの方から電話がありました。12月2日に「今日ドキッ!」という番組の中で流行語大賞のことを放送するらしいのです。ノミネートが30個。それらを事前に占い師に占ってもらっておこう!って企画らしいのです。

ふむふむ、なるほど。内容は理解しました。しかし、これってなまらギャンブルじゃねぇ?30発中29発の弾を込めたロシアンルーレットです(笑)ほぼ死亡かなと。当たれば「凄い当たったね」となるとは思いますけどね。外せば全道に生き恥をさらすことになります。

「まっ、ハズレちゃいましたね!ハハハハハ」

と笑い飛ばせる占い師キャラでないと厳しいのかなと。そんな超リスクを背負ってまで誰が出演すると言うのでしょうか?しかし、きっと、既に色んな占い師に断られてカバラットに辿りついたんだと思いました。既にテレビに出ているような有名な先生たちはこんな話を受けるはずがありません。今まで築いてきた「当たるという信用」が崩れかねないですからね。それに見合った莫大なギャラなりメリットがなければ引き受けはしないでしょう。きっと、私が断ればまた次の占い師に電話をし、きっとまた断られるであろうと。そんなことが頭をよぎりました。

なので、私の繋がっている占い師さんたちにも聞いてあげるってことで電話を切りました。そして、みんなに一斉に送信!すると、何ということでしょう!7人の方から出演希望とのお返事がありました!そして、もう一人。実は私は最初から出るつもりでした。占い師がいなくて困っているテレビ局のディレクターさんのためではありません。出演理由はとてもシンプルです。

「だって面白そうだから」

ハズレた時のリスク?そんなもん今さら何を言っているんでしょう!脱サラして占いバーを開いた時のリスクの方がよっぽどヤバイでしょう!そんな私の想いに共感してくれた方が私の他に7人もいたってことですね。みんな面白そうだから出るって感じでしょう(笑)しかし、出演枠は3名です。これから人選しないといけません。で、早速、流行語大賞のノミネートを見てみました。

NO1 あな番(あなたの晩です)
NO2 命を守る行動を
NO3 おむすびころりんクレーター
NO4 キャッシュレス/ポイント還元
NO5 #KuToo
NO6 計画運休
NO7 軽減税率
NO8 後悔などあろうはずがありません
NO9 サブスク(サブスクリプション)
NO10 ジャッカル
NO11 上級国民
NO12 スマイリングシンデレラ/
NO13 タピる
NO14 ドラクエウォーク
NO15 翔んで埼玉
NO16 肉肉しい
NO17 にわかファン
NO18 パプリカ
NO19 ハンディファン(携帯扇風機)
NO20 ポエム/セクシー発言
NO21 ホワイト国
NO22 MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)
NO23 〇〇ペイ
NO24 免許返納
NO25 闇営業
NO26 4年に一度じゃない。一生に一度だ。
NO27 令和
NO28 れいわ新選組/れいわ旋風
NO29 笑わない男
NO30 ONE TEAM(ワンチーム)

となっています。ってかさ、生まれてこのかた流行語大賞に興味を持ったことはなかったんですけどね。しかも、私、テレビ観ていませんからね。そもそも、テレビも持っていませんから(笑)

これらのノミネートを見ても全くわからない言葉だらけです。しかし、ちょっと待てよ!ノミネートは30個あっても事実上、落選する候補がたくさんあるんじゃない?って思えてきました。テレビを観ない私でも知っている言葉がある。つまり、それが有力候補であるってことでしょう。

NO7「軽減税率」
NO18「パプリカ」
NO25「闇営業」
NO26「4年に一度じゃない。一生に一度だ」
NO27「令和」

ぐらいでしょうか。でも、軽減税率は若者とか知らなさそうだし、パプリカは逆にお年寄りが知らなさそう。私的には断トツに今年の流行語大賞は「闇営業」なんですけどね。しかし、これはあまり良いイメージが湧きません。前向きに「さぁ!闇営業しようぜ!」とはならない言葉を大賞に選ぶでしょうか?この言葉を聞いて傷つくかも知れない誰かがいるとするならば、そんな言葉は選ばれないと思います。

「4年に一度じゃない。一生に一度だ」は地下鉄なんかのポスターや垂れ幕で見た言葉です。世の中的にこれが流行っていたのかと言われるとどうなんでしょうかね?最後の令和は単なる年号じゃん!(笑)流行語なのか?って言われるとどうなんでしょうか?う~ん、よくわからないわ。ってことで、過去の大賞を調べてみました。

2018年 そだねー
2017年 インスタ映え
2016年 神ってる
2015年 爆買い、トリプルスリー
2014年 ダメよ~ダメダメ、集団的自衛権
2013年 今でしょ、おもてなし、じぇじぇじぇ、倍返し
2012年 ワイルドだろぉ
2011年 なでしこジャパン
2010年 ゲゲゲの
2009年 政権交代
2008年 アラフォー
2007年 どげんかせんといかん
2006年 イナバウアー、品格
2005年 小泉劇場、想定内(外)

ってかさ。去年の「そだねー」って何?それがそもそもわからんわ!ってことはすでに世間と私の感覚がズレているってことでしょ。こりゃ、まったくわからんわ(泣)で、その言葉の内容を調べていきました。

「タピる」最初は何のこっちゃ!って思っていましたが意味を見て納得です。タピオカのことなんですね。確かに今年はタピオカブームでしたからね。タピオカドリンクのお店が一気に増えました。また、ラグビー関係の言葉も多いようです。ついでなんで、去年の「そだねー」も調べてみました。どうらやカーリングから出た言葉だったようですね。全く知りませんでした。そんな感じですので、これは私が知っている知っていないは関係ないかも知れませんね。

鑑定は何でしましょうかね?カバラ数秘術で鑑定するとすればエントリーNOからってことになりますね。そのエントリーNOに意味があるようには思えませんけど…(笑)やはりタロットが無難でしょうかね。サイコロを使った易も問題なさそうです。ルノルマンカードもいけそうです。こうなると手相は完全にアウトですね。いっそのこと全部で占ってみたらどうなることでしょうかね?(笑)また続きは明日にでも!