2019年1月8日

すすきのの物件

とある不動産関係者の方を紹介してもらいました。

電話で色々とお話させて頂いたんですけどね。なかなか、私の探し求めているような物件はなさそうです。

そもそも、すすきの中心部に事務所物件が少ないみたいです。

そりゃ、そうですよね。店舗として貸し出した方が借り手が多そうですもんね。

これから事務所を構えようと思っている会社だって、何もすすきののど真ん中に借りる必要はありませんからね。

すすきのの物件裏話?的なことも聞けました。

ここで書くことは控えさせて頂きますけどね。

大人の事情的な感じでしょう(笑)

にしても、毎日、物件情報を見ているけど、なかなか出てこない…

「もしかして、無店舗でやれってことなのか?」

色々と考えてしまいます。

すすきのには多数のお店があります。

それらのお店と提携して間借りすることができれば物件問題は片付きます。

占い師の派遣。

「電話一本でおたくのお店まで出張鑑定します!」

そんなこともできる訳ですよ。

でも、なんかデリヘルみたい?どっかに占い師さんの待機場かなんかを借りて?(笑)

いやいや、これは将来的なビジョンであって、今、メインにしてやることではありません。

そして、タロットは「店舗を持て」と言っています。

確かにね…

店舗を持つことのメリットはデカいんですよね。その分、リスクもデカくはなりますけどね。

「本当に、すすきのにお店を出せるのだろうか?」

段々、物件が出てこないと、こんな風に不安になってくるものです。

しかし、これがダメなんでしょうね。

不安を解消するために、「無店舗でやってみようか?」なんて他の方向へと進もうとする。

それが、いわゆる「ブレ」となってしまうんでしょう。

そして、そのブレが二転三転してしまい「ブレブレ」となってしまう。

その点、私は恵まれています。

私には考えを諫め、正してくれる「タロット」さんという優秀なパートナーがいますから。

って、私、全然、タロットさんの言うこと聞かないんですけどね(笑)

結局は自分の考えを押し通しますから。

物件は、もう少し、様子を見てみようと思います。

「この、すすきの店は必ず成功する」

そう強く信じています。

ちなみに、どの占いでも「6月には落ち着いている」と出ています。

ならば、きっとそうなんでしょう。

そして、何より私自身が強くそう思っているんだから、きっとそうなるんでしょう。

待てよ?

ってことは、逆を言えば「すすきのにお店さえ出せれば成功する」ってことになるのか?

お店さえ出せれば…

「軽はずみなアドバイスはしたくない」

自分が言った一言が相手の人生に影響を与える。

そして、それがもし、悪い方向に行ってしまったら…

そんな無責任なことは出来ない!

世の中には、そう考える方がいます。

こういう方は、占い師にはなれませんよね(笑)

勿論、これもひとつの考え方です。良し悪しの問題ではありません。

私は、すべてが「自己責任」だと思っています。

例え、誰かに何かを言われても、結局最終的に決めるのは自分であるってことです。

それを誰かにせいにしたくはありません。

だからこそ、自分の思った通りに生きるんです。後悔したくない、そして、誰かのせいにしたくないからです。

勿論、成功すれば、それは誰かのおかげなんですけどね。

それは、その人の「せい」にしても構わないでしょう(笑)

「無責任なことを言うな!」

よくそんな言葉を耳にします。

無責任な発言って何?

多かれ少なかれ、誰かの発した一言は必ず「無責任な発言」になるんじゃないのかな?

だって、世の中の人はすべて立場が異なり、考え方も異なり、生き方も異なるんですから。

意見が一致することなど不可能なんです。

そして、その一言に対して、イチイチ責任を取っていたら、誰も何も喋れなくなりますよね。

その許される程度のボーダーラインってどこにあるんでしょうかね?

他人を軽く傷つけた。

他人を深く傷つけた。

無責任な発言をしたことによって誰かが被害をこうむった。

自分が言った一言が相手を悪い方向に進ませてしまうかもしれない。だから、そんな無責任なことはできない。

「すみません。札幌駅はどっちになるんでしょうか?」

「ごめんなさい。私、無責任なことは言えないので…」

自分が教えた札幌駅までの道のり。もしかすると、最短ルートで教えられず、その道中に交通事故に遭ってこの方が亡くなってしまうかもしれない。

そんな取り返しのつかないことに巻き込まれたくない。

「A社とB社のどっちも内定もらっているんだけどさ。どっちに行ったら良いと思う?」

「ごめんなさい。私、無責任なことは言えないので…」

人の人生を大きく左右させる就職。もし、自分が勧めた方の会社が倒産してしまったら…

「やっぱりもう一方の会社にしておけば良かった!あの時、お前がそっちって言うからさ!」

そんな責めを負いたくない…

「無責任なことは言いたくない」

一見、聞こえは良いかも知れません。しかし、その裏には「他人事には巻き込まれたくない」という冷たい一面が隠れています。

私は、どっちが良いかと言っている訳ではありません。

世の中にはたくさんの人がいます。

たくさんの考え方があり、たくさんの生き方があります。

しかし、共通して言えることがあります。

「これは、あなたの人生だということ」

うまくいこうがいくまいが、人のせいにしようがしまいが、これはあなたの人生なんです。

少なくとも私は自分の人生を他人のせいにはしたくありません。

自分の責任で自分の人生を送ります。

世の中、何が善で何が悪のかがわかりません。

必要な悪もあるでしょうし、不必要な善もあることでしょう。

無責任なことは言いたくない。

しかし、無責任なことを言ってもらったおかげで救われた人もいるってことです。

面白いですよね、人生って。

面白いですよね、人間って。

なので、私は責任をもって無責任なことを言い続けたいと思います(笑)

占い師として、人間としてね!