2019年1月30日

まずは1/29のことから…

昨日はブログを書けませんでした。

その前にその前の日(1/29)のことをお話しなくてはなりません。

占いの館最後の営業日。

荷物をまとめ引っ越し準備に追われていました。

ドアのカッティングシールを剥がし、店名が消えたドア。

なんか寂しくなってきました。

しかし、もう決めたことです。大通店に意識を集中させないといけません。

占いバーで寝てました。

女性2名様ご来店。

飛び起きて見ると、どっかで見たことがある顔。

さて、誰だったっけ?

「前にも一度来られたことがありますよね?」

「はい、母と来ました」

お母さん?もしかして…

そのお母さんから、はしご占いの予約で電話があったんです。

娘と娘の知り合いがカバラットに行くかもしれないので、もし、行った際はよろしくお願いしますと言われていたんです。

ビンゴでした。

彼との恋愛運を占って欲しいとのこと。

早速鑑定してみると、なんと、好相性!

もう少しで運命の人レベル!

私は久しぶりに言いました。

「この人を逃がしたらダメだよ。この人と結婚した方がいい」

そして、彼氏と彼女の双方の性格と欠点、喧嘩になるパターンなどを説明しました。

そして、運気バイオリズムを見て見ると、なんと、今年が結婚に適したタイミングだったんです。

「今年が良いよ。早ければ3月にあり得るから」

この言葉に彼女は言いました。

「明日、彼氏を連れてきますので、同じことを言ってくれませんか?」

「そうだね。来れたらおいで」

「いや、絶対に連れてきますので!」

彼女は力強く言いました。

彼氏と結婚をしたい彼女。

彼は自分と結婚するつもりがあるのか?

そんな不安もあり、結婚の話は避けてきたようです。

それを私の口を借りて、彼の気持ちを確かめようとしているのです。

そして、もう一度、言って欲しかったようです。

「この人を逃がしたらダメだよ。この人と結婚した方がいい」

ってね(笑)

そりゃ、私だって、お二人に幸せになって欲しいですよ。

だけど、私の口は諭吉さんが最低でも3人以上いないと、なかなか開こうとはしないんですよね(笑)

ってなことは冗談では言いましたけどね(笑)

私は私の鑑定結果を依頼人に告げるだけ。

無理矢理、彼女と彼を結婚させるつもりはありません。

しかし、珍しいほど相性が良いカップル。

是非、結婚してもらいたいなと思っていました。

「マスター、明日は20時からやっているんですよね?」

気合の入った彼女の顔から、明日絶対に彼氏を連れてくるという決意みたいなものを感じました。

こりゃ、遅刻はできんな…

そして、その場にたまたまいた常連さんもなぜか明日に来ることに(笑)

「お願いします。明日も来てください」

なぜ、彼女が常連さんにそう言ったのかは不明です(笑)

きっと、寂しかったのかも知れませんね。心強い味方?

1/30のお話

トヨタレンタカーで軽トラックを手配していました。

10:00

車を借りて、占いの館の引っ越し作業。

とりあえず、ボスキャラは棚が3つ。

さすがにこれは一人では運べません。

なので、助っ人アルバイトの長男に来てもらいました。

長男は、もう学校の授業がなく卒論を書いているだけのようです。

とりあえず、新琴似の自宅に棚を入れました。

悲しいかな、4階、エレベーターなし…

二つ入れた所でギブアップしました。

そもそも、この棚はニトリでひとつ1万円で買った商品。

「ニトリの製品は買い取れないんですよね…」

中古家具の買い取り業者さんからはこんなことを言われてしまいました。

つまり、売るに売れず、捨てるに捨てられずってことです。

1万円で買った棚が3つ。

つまり、3万円以上の経費をかけてしまうと、また新しく棚を買った方が安く、しかも手間がかかりません。

4階まで運びながら、恐ろしいことに気付いてしまいまいした。

これ、また運び出すんだよね…

2つの棚は自宅で使うことにしました。

そして、残りのひとつは長男にあげることに。

急遽、搬入先を長男の自宅へと。

孫は保育園に行っていていませんでした。

引っ越し作業が終わり、長男とご飯を食べてきました。

「イオンの株が欲しい」

長男はメルカリでの転売に飽き足らず、今度は株取引に興味を持った様子。

「買い物が3%引きになる」

詳しい話はわかりませんが、きっと株主特典なのでしょう。

4月からは社会人。

こうして、「金儲け」の話ができるのもあとわずか…

少し、しんみりとなって…

とはなりませんでした(笑)

長男も無理でしょう。こいつも俺と同じ人種。

サラリーマンは無理な人種だってことです。

会社を辞めないまでも、必ず、副業や投資で資産運用を行うはずです。

楽しみです。

「大家さんの審査が通りましたので、今度は保証会社さんへ申請手続きお願いします」

引っ越し最中に不動産屋さんから電話。

用紙に記入して、返信して欲しいとのこと。

この不動産屋さんは、私のことを理解しているのか?とても対応が早いです。

そもそも、初めて電話で話したのが1/26。

通常、テナントを扱っている不動産屋さんは土日休みが多いんです。

しかし、土曜日に電話し、その3分後には大家さんに内覧の手はずを整えてくれました。

1/26に初めて電話し、1/28に初めて物件を見て、1/29に物件を決め、1/30に大家さんから入居OKをもらっています。

これなんです。このスピードなんです。

多くの人がこのスピードについてこれないんです。

私が商売をする上で、最も重要視しているのがスピード。

久しぶりに、ついてこれる人がいた。

加速していく大通店への出店スピード。

そして、ストップする場合は、何かしらの問題が生じるはずなんです。

例えば、次に必要になってくるのは保証会社への審査です。

今まで順調に話が進んで行っても、もし、ここでダメとなるようなら私は一気に撤退モードに入るってことです。

逃げ足もなまら速いですからね(笑)

単に、すすきのの物件を探していただけだったんです。

その時、たまたま風月の物件を目にしたんです。

25年も続いた風月が年明けに閉店する…

それをたまたま私が目にした…

もう、次の日には占いの館と占いバーの大家さんに電話していますからね。

撤退も早いってことです。

そんな風にして「流れ」を感じながら生きてきましたので。

占いバーに荷物が溢れています。

使うものは自宅ではなく占いバーへと持ってきましたから。

すでに、荷物を運んだ筋肉痛?腰が重い?

体を壊す「流れ」を感じてしまいました(笑)

「そういえば!」

今日って、昨日のお客様が彼氏を連れてくる日じゃん!

慌てて、店内を片付けました。

「こんばんわ」

約束通り、昨日の彼女が彼氏を連れてやってきました。

彼のことを占いました。

私のカバラ数秘術では、生年月日が変わらない限り、彼の性格や運気バイオリズムが変わることはありません(笑)

なので、昨日彼女に言ったことが変わることはありません。

私は彼にも言いました。

「この人を逃がしたらダメだよ。この人と結婚した方がいい」

すると、彼は当たり前のような顔をしていました。

この人は元々、彼女と結婚しようと思っていたな…

3月18日

「さいや」なのでサイヤ人の日だそうな(笑)

これが二人とも良い日。

話を聞いていると、彼は結婚する気満々!

そんなに心配するほどのことじゃなかったよね…

結局、彼女は彼の本当の気持ちを探れずにいただけ。

彼は彼女との結婚を考えていた!ってわけです。

きっと、サイヤ人の日に籍を入れるのかな?

それ以上は何も言いませんでした。

彼には彼女の本当の性格を教えました。

そして、あり得る喧嘩のパターンや気を付けるべきことをアドバイスしました。

いつか、この二人が子どもを連れてカバラットに来てくれるかも知れませんね。

彼と結婚したい女性。

占いが何かの役に立つかも知れません。

是非とも、一度、カバラットへ!

その後、常連さんとスナイパーさんがご来店。

私が事務処理をしている間、みんなで恋愛トークで盛り上がっていました。

明日は、結構、することあるし…

さすがに、処理しきれなくなってきた。

ブログも書けてないし…

今の私のすることリストは…

●占いの館の鍵を返す

●新札幌へ商談

●月末の支払い

●保証会社への申請

●ソフトバンクAIRの住所変更

●ブログ

●ホームページの変更

●名刺の作成

●大通店のフライヤー作成

●1ヶ月占い放題のリニューアル

●大通店のブース貸しの利用規約

あれ?

ちょっと、多くない?

「マスター、ちょっと疲れた顔しているね」

常連さんに言われました。

確かに疲れているかも…

でも、テンション上がって閃いた!

お客様へは1ヶ月占い放題

占い師さんへは1ヶ月ブース借り放題

これ、良くない?