2019年1月21日

空音先生が来てくれました!

空音先生はたくさんの種類のタロットカードやオラクルカード、ルノルマンカードを持っています。

私は日本神話タロットが一番好きかも…

護符のタロットカード?オラクルカード?を持って来てくれました。

キョンシーの顔に貼り、動きを止めるような?護符。

試しに、私も引いてみました。

「悪夢のカード」

マジっすか…

夢にうなされるんでしょうかね?(笑)

さらに「憑依」のカード。

だから、今は冗談では済まされないんだって!

さらに「水濁」のカード。

いやいや、それって水が濁っているって意味ですよね?

明らかに良くないですよね?

「痛苦」と「長患」

痛んで苦しむ?

それが長く患(わずら)うってこと?

って言うか、このカード、良いやつって入っていないの?

「勿論、入っています」

ですよね~

とにかく、悪いカードしか引きませんでした(泣)

まっ、都合の悪いことは信じないタイプ。

誰の言うことも聞きません(笑)

すべてが夢、幻だった…

それでも、よくない?

その夢や幻の中で精一杯生きればさ!

空音先生、ありがとうございました。

占いバーに占いの館のお客様が初来店!

「ぼよーん、ぼよーんが見たくて来ました」

飲み会の帰りに占いバーへと立ち寄ってくれた様子。

このお客様は占いの館には何度も来て頂いているんですけどね。

早速、ぼよーん、ぼよーんをやってみることに。

何も感じない…

でも、私が両手をあてるとビリビリきた様子。

そして、ネバネバが見たいとのこと。

店内の電気を消し、私の両手から出ているネバネバをみんなで見てみました。

「あっ!見える!」

この方も見えた様子。

暗くするとわかりやすいんですよね。

そもそも、この方も霊感体質の方。

気を感じたりはできるはずなんです。

つまり、こっち側の人間ということですね(笑)

まっ、気を感じることができたからと言って、何の役に立つのかもわかっていませんけどね。

だから、どうした?って話ではあります。

第5回はしご占い

「マスター、ルールがごちゃごちゃしていてわかりずらい」

なんと!

常連さんに言われ、納得しました。

ルールを複雑にしすぎているんですよね。

もっと、簡単にできんもんか?

確かにね。

秦は法律につぐ法律で恐怖生活が始まってしまいました。それが元で民心が離れ、国の崩壊へと繋がって行きました。

はしご占いから国家論を唱えるには、いささか無謀とも言えましょうが、ルールという枠組みに囚われてしまっては参加しずらくなるのも、これまた事実でしょう(笑)

「よし、わかった!簡単にしよう!」

部の撤廃

つまり、イベント時間は11:00~19:40までですよと。

その間の好きな時間に来ても良いよ!ルールにします。

そして、販売するのは

1回券2000円

2回券3000円

3回券3600円

の3種類のみ。

受付で予約表を見て、空いている枠に自分の名前を書いていく。

ただ、それだけ。以上。

こうすれば、単純かつ明瞭かなと。

なので、はしご占いのホームページを大幅に変更する予定です。

予約の取り方を変えますね。簡単にします!