2019年1月18日

本日は、ゆっきー先生が来てくれました!

ゆっきー先生の過去世リーディングはとても好評です。

予約も全部埋まってしまうほど。

勿論、普通の?お悩みなんかも相談できます。

「どうですか?この一か月占い放題は?」

待機中のお客様に聞いてみました。

「とても楽しいです」

喜んでくれている様子。私も嬉しいです。

複数の鑑定士さんに同じ相談をすることは可能です。

となれば、鑑定士さんによってはアドバイスが異なる場合が出てきます。

A先生は「彼とは別れた方が良い」と言い、B先生は「彼とは別れない方が良い」と言ったなんて感じですね。

どっちの意見が正しいの?

ここで間違えないで欲しいことがあります。

あくまでも占いは参考意見。絶対的なものではありません。

あなたの人生はあなたのものです。

最後は自分で決めなければならないと言うことです。

鑑定士によって意見が分かれた場合は、「全体的に、どっちの言っていることが納得できたか?」で決めると良いかも知れません。

例えば、彼のことが好きで好きでたまらない。しかし、彼は自分に振り向いてくれない。

A先生「彼のことは諦めろ!」

B先生「彼のことは諦めるな!」

例え、結論はこうであったとしても、これだけで判断するのは早計です。

「新しい出会いがあるから、彼のことは諦めろ!」

「急展開で彼との距離が近くなるから、彼のことは諦めるな!」

どっちのアドバイスがより納得出来たのか?

そこが重要になってきます。

また、お客様と鑑定士にも相性があります。

勿論、どっちが悪いとかの話ではありませんけどね。

雰囲気で気の合う人とそうでない人ってわかりますよね?

そんなことも判断材料に加えて良いかと思います。

「自分の性格について、皆さんに同じことを言われるんです」

このお客様はそう仰いました。確か、前にもそう言われた方がいたような…

となれば、きっとそうなんでしょうね。

こう言う場合はわかりやすいでしょう。素直に聞き入れることができそうですよね。

皆さんに喜んでもらえている。それが私の喜びです。

占いバーで常連さん2名と気遊びをしていました。

皆さん、パワーが強いんです。

そして、皆さん「気」を感じることが出来る人たち。

こういうパワーの強い人の傍にいると気が増幅されます。

室内に大きな気が集まり始めます。

みんなで気を吸ったり、渡したり…

3人そろって両手で気を練っている訳ですよ。

そんな所に見知らぬお客様が入って来たら、絶対にドアを閉めて帰っていきますよね(笑)

「絶対にヤバい店」

まっ、あながち間違ってはいませんけどね(笑)

そして、額に手を当てていたんです。

すると、私に不思議なことが起こりました。

「あれ?何か見える…」

Aさんが私の額に手をあてた時、白い花の映像が見えました。

蓮(はす)とも違うんですけどね。私は植物には詳しくありません。

みんなに絵で描いて説明しましたが、悲しいかな、私は絵心もありません(泣)

ネットで「白い花」の画像を検索してみるも、私が見えた花の画像は出てきませんでした。

何だったんだ?あの白い花は…

そして、今度はBさんが私の額に手をあてました。

すると、今度は移動中の御一行様の様子が浮かんできました。

「はて?何だこれは?」

最初は「西遊記?」なんて思ったんですけどね。

どうも、感覚的に砂漠?エジプトじゃないの?って感じでした。

赤い布を頭からかぶり、ロバ?ラクダ?のようなものに乗って進んでいる。

その周囲に3人ぐらいが同じようにロバ?ラクダ?に乗って付いてきている姿。

何のこっちゃ?さっぱりわからん…

これが皆さんに関係する映像なのかすらもわかりません。前世の画像?未来の画像?何だったんでしょうかね?

そんな話で盛り上がっていると…

「マスター、透視とか出来ませんかね?」

「何?透視?」

ピクリと反応してしまいました。

カバラットエスパー能力開発研究所?

何やら面白そうな遊びに発展していきました(笑)

紙にひらがな1文字を書き、それを見えないようにして当てる。

最初はそんなシンプルなもので実験することにしました。

用意が整い、早速、透視をしてみることに!

目を閉じて、その紙の上に左手をかざしてみたんです。

すると…

暗闇…

何にも起こりませんでした\(^o^)/

やっぱ、無理じゃない?何も見えんわ…

しかし、今度は紙の上に左手を付けてみたんです。

すると…

頭の中にひらがなが浮かんでくるではありませんか!

しかし、それははっきりしたものではありません。

何となく棒が見えるとか、何となく丸が見えるとか、そんなレベルのもの。

う~ん…

きっと、これかな…

視力検査で見えていないのに勘で上とか言う感じ?

そして、答え合わせ。

「おおっ!マスター凄い!」

何!当たってんの?

「いや、ハズレ」

ハズレてんじゃん!

でも、ハズレてはいるものの、なまら近いんですよね。

例えば、「お」が正解の時に「み」とか「な」なんかを答えているんです。

「ほ」の時は、左の一本の棒がはっきり見えていたり…

「マスター、惜しい!でも、鍛えれば見えるようになるんじゃないの?」

何となく、私もそんな感じがしました。

そして、次は図形にチャレンジ。

スタンバイ後、目を閉じて、紙の上に左手を乗せてみました。

ぼんやりと浮かんでくる画像。

長方形の上に三角形と円が見えました。

答えは、長方形の上に三角形。

「おおっ!」

円は書かれていなかったものの、またしても何か惜しい感じ。

マジで、これって鍛えればエスパー岡田が誕生するんじゃない?(笑)

ちなみに私の場合は、書いてある字や図形そのものが見えているわけではありません。

頭の中にイメージが浮かんできているだけです。

その後も、線と点線だけでやってみました。

またしも、惜しいんです。6本中5本が正解みたいな感じ。

この惜しい所までって言うのが私らしいと言えば私らしいんですけどね(笑)

結局は勝ち切れずに中途半端って奴ですから。

眉間にはサードアイと言って、第三の眼があるみたいです。

そこが開眼すると、何やら色んなものが見えるようになるそうな。

高まる気の中、私のこの眼が何かしらの影響を受けたようです。

しかも、「実に惜しい!」感じで中途半端にね(笑)

「ハッ!」気が付けば、朝5:30

気遊びし過ぎ!!早く帰りましょう!

にしても、いずれ何か見えるようになるんでしょうかね?

自分の人生は全く見えていないんですけどね(笑)