2019年1月15日

将棋部Nさん登場!

「最近のブログは段々スピリチュアルな方向に行っていますね」

確かに…

最近は「気」がどうのとか言っていますからね。

霊的な話を信じない人からすれば、「怪しい方向」へ向かっていると感じることでしょう。

ちなみにNさんはスピリチュアル的な話は信じない方。

そもそも占いにも興味がない人です。

将棋がなければ1回っきりのお客様だったことでしょう。

しかし、「ハイヤーセルフ」という言葉に関心があるようです。

「すすきの店にハイヤーセルフの方は来られますか?」

ゆっきー先生やSHIZUKA先生がハイヤーセルフの方なんですけどね。

きっと来てくれると思いますので、自分の前世を見てもらって下さいね。

「マスター、みかんを1袋はダメですよ」

このブログに「最近はみかんを1袋も食べている」と書きました。

絶対、Nさんに指摘されるであろうと思いながら書いたんですけどね。

やはり、指摘されてしまいました(笑)

「果物は砂糖をかけた野菜」

これがNさんの持論です(笑)

糖尿病患者にとって果物は制限しなくてはなりません。

それを1袋も食べるなんて…

はい、すみません。もう食べません…

そんな雑談の中、Nさんのパワーを確認することに。

「試しに左手を出してもらえますか?」

Nさんの左手に私の両手をあててみました。

ビリビリ!

な、なんと、強い気を感じます。

「なんかビリビリします」

Nさんも私の気を感じている様子。

こ、これは、もしかして…

「自分の両手を合わせて離したり近づけたりしてみて下さい」

「こうですか?」

「何か、ぼよーん、ぼよーんしたものを感じませんか?」

「はい、感じます」

えっ!感じるの!

ぼよーん、ぼよーんを感じているってことは霊感体質なのでしょう。

まるで、いきなり出てきたルーキーがホームランを打ったかのようです(笑)

そっち側を信じてはいないが、そっち側の能力がある。

何とも皮肉な話です(笑)

「ここのお店が無くなったら、もう麻生に来なくなると思います」

「・・・」

こう言われてしまうと、今度はススキノに占いバーを出したくなりますよね。

みんなが集える場所。

そんなものを作りたくなります。

札幌駅北口に3.8坪の物件が出ていました。

ここ、占いにはピッタリのスペースじゃない?

そんな想いも頭をよぎりました。

しかし、札幌店はまだ早いんです。ここはすすきの一点集中すべきです。

それと同じで占いバーを作るのはゆくゆくのお話。

先ずは、すすきのに占いの館を出すことだけに集中したいと思います。

最高のタイミングで最高の物件が現れる。

何故にそう思うのか全く根拠はないんですけどね。

何となくそんな感じがしています。

なので、全く焦っていないんですよね。

それが周りの人間からすると理解不能らしいです(笑)

店舗を閉めるにも関わらず、移転先がまだ決まっていない。

そりゃ、焦りますよね。

でも、のんきに構えている私はやはり頭がおかしいのでしょうね(笑)

麻生か…

まだ行っていないお店が何件かあります。

裏にできた「トリコ」というイタリアンバル?、その隣の「魚元」というお寿司屋さん、「麻生十兵衛」というお寿司屋さん、いなほ寿司も行っていないな…

お寿司屋さんばっか…

Nさんにすれば、「お米は砂糖の固まり」とでも言われそうですよね(笑)

全部は行けそうにありませんね。

占いの館は残り2週間程度。

1/31のお昼に鍵を返すことになっています。

なので1/30に荷物の搬出。

実際の営業は1/29(火)が最後となります。

なんか寂しくなります…

が、占いバーは3月までやりますので!