2018年8月8日

「はしご占いで占ってもらったんですけど…」

占いの館に女性がご来店。

「ああ、覚えていますよ。彼とのことを占いましたよね?」

7/26にチカホではしご占いを開催しました。

「凄い当たっていました。彼がワーホリに行くことになりまして…」

そうですか…

それはまた、なんとも喜ぶべきなのか、はたまた…

チカホでは彼女と彼のことを占いました。そして、「今に彼は海外に移住するとか言い出すよ」と彼女に告げました。

半信半疑だった彼女。しかし、昨日、彼がワーキングホリデーで外国に行くと聞かされたのです。

チカホから2週間ぐらいしか経っていないんですけどね。

「それじゃ、彼とのことを占うかい?」

「いえ、もう彼はいいんです。それより仕事のことを…」

あっけらかんとした彼女。どうやら、心の準備が出来ていた?ようです。

しかし、彼女にとっては彼と別れることよりも、私の鑑定がピタリと当たったことの方が興味深かったのでしょう。

彼女は千歳に住んでいます。それをわざわざ麻生まで来てくれたんですからね。

意識が高い女性でした。若干24才のお嬢さんにしてはとてもしっかりとしています。

こういう人は単純かつ単調な仕事は向いていません。

バリバリ働きたい人に対して「この仕事だけやってくれれば良いよ」なんてことは拷問に等しいことです。

大きな組織になればなるほど、役割分担が明確になってきます。また、それに伴う責任の所在も明らかにしなくてはなりません。

「これ以上の仕事は我々がやります。何か問題が起こったらマズイですから」

ありがちなのが正社員とパートさんの仕事の中身です。

しかし、バリバリ働きたいパートさんだとすれば、これでは満足できません。

「もっと、働きたいんですけど…」

これは環境のミスマッチだと言えるでしょう。もっと責任のある仕事を任される職場に移るべきです。

逆によくあるのが、「言われたこと以上のことをすると次からもしなくちゃいけなくなるから」っていうパターンです。

つまりは余計なことをして、自分の仕事を増やしたくない!って思考なんですけどね。

バリバリ仕事をしたい人種からすれば、これには理解できません。

「黙って座っているだけで月20万円の給料をあげる」

これを受け入れれる人と受け入れられない人がいます。

「何もしないで20万円も貰えるんでしょう!なんて楽な仕事なの!」

皆さんはどっちでしょうかね?

ちなみに私はバリバリ働きたい方の人種です。

黙って座って20万円なんていりません。バリバリ働いて10億円欲しいですから!(笑)

いつの日か彼女と一緒に仕事ができたらと思います。例え、全く関係ない分野であってもね。

何か悩んだらまたお越し下さいね。千歳からはちょっと遠いけど(笑)

占いバーに男性二人。

「いらっしゃいませ」

「私、こういう者でして…」

差し出された身分証。よく見ると、「け、けいさつ!」

何か事件でもあったのかな?と思いきや、うちのお店の調査に来られたみたいです。

表向きは「現状調査」と言っていましたけどね。何やら怪しまれている?

高価な壺でも売っている?

怪しいお薬の売買でもしている?

確かに私自身、なまら怪しい人間ですからね。しかし、警察にマークされるようなことは一切しておりませんけどね(笑)

元々、深夜営業の届け出をしていました。これの管轄は警察署。これにより深夜0時以降もお酒の提供ができるようになっております。

他のお店のことはよくわかりませんけどね。飲み屋ど素人の私はちゃんと真面目に申請をしていた訳です。

きっと、今回はその申請者リストに基づいて回っていたのだと思います。

「住所はこれで合っていますか?」

見ると古い住所になっていました。

「あっ、違います。変わっていますね」

「そうですか、それではこれに一筆書いてもらいます」

差し出された一枚の紙。

「軽微とは言え、違反は違反ですから」

何やら反省文のようなものを書かされてしまいました。

「わたくし、岡田昌敏は住所変更があったにも関わらず、その届け出を行っていませんでした。大変、申し訳ございません」

的な感じのもの。マジっすか(笑)

「営業許可証を見せて下さい」

えっ~と、営業許可証は…

じーざす!館に持って行ってしまってたわ!

「すみません、別なお店の方へ持って行ってしまいまして…」

「別なお店?」キラリと目が光りました。

「いえいえ、飲み屋ではないんです。昼間の占いだけのお店でして…」

どうやらお咎めなしの様子。

「近日中にこの書類と住民票を持って北警察署までお越し願います。その時に営業許可証も持ってきてくださいね」

えっ!行かないといけないの?郵送とかじゃダメなんでしょうかね?

とは言えませんでした。小心者なもんで…

運転免許所の写真を撮って帰られました。

8/10のお昼に区役所からの北警察署へと行ってきます(泣)

第1回占いフェス「占載一遇」のページを作りました!

で、ついでに宣伝代行サービスのページも作りました!

これはカバラットで行う占いイベントに来るお客様たちへ、あなたのお店や団体のことを宣伝しますよ!ってサービスです。

今度のチカホで行う占載一遇から始めてみようかなと思っております。

基本的には1回2000円の手数料としました。これぐらいの価格だと個人レベルでも利用できるかなと思いまして…

内容は、チラシやフライヤー、名刺やショップカード、割引券やクーポン券、サンプル品などをお客様にお配りしますよ!ってこと。それらはお客様でご用意して下さいね!って感じです。

このサービス、元々の発想は占い師の背面利用なんですよね。

背中にパーティションなどで掲示板を作れば、そこを宣伝スペースとして活用できるのでは?って考えたわけです。

で、それだけじゃ弱いから受付で何かを配りますよ!ってしました。

今回は占い師の背面ではありませんが、パーティションコーナーを会場に設置するつもりです。そして、そこにあなたが宣伝したいポスターやフライヤーを貼っても良いですよ!とします。

つまり、受付でご来場のお客様にチラシやフライヤーやサンプル品を配り、会場内ではポスターを貼って、なんと!たったの2000円!(笑)

で、よくわからないんですけど、100~200枚?個?ぐらいからスタートしようかなと思っています。

なんせ初めてのことなんで実績がないんですよね。なので、初回に申し込んでくれた方はきっとお得になると思います。

ここだけの話、皆さん知らないと思いますけど、私結構ズサンなんですよ(笑)

あれもこれもって持ってきてくれれば、一緒に配りますからね。500枚ぐらいまではOKになるかも…(笑)

もし、そのイベントで配り切れなかった場合は、占いの館や占いバーでも継続して配布します。

何かを宣伝したいって方は是非とも利用してみて下さいね。

ちなみにフライヤー+クーポン券とか、ショップカード+サンプル品なんて使い方が効果的かなと。配布物は2種類、貼出物は1種類とします。

「にしても、マスター、次から次へと色々やるよね」

とりあえず、やってみる!

ダメなら素早く撤退!

こんなことの繰り返しでしょうかね(笑)

で、次は占い師の派遣を考えている訳ですよ。

街の小さなカフェが良いと思うんですけどね。

ランチ+占い

これを企画して、そこに対して登録してくれている占い師を派遣すると。

これが上手くいけば、夜バージョンも作れそうですよね。

なんか行けそうな気がしています。

ここの所、流れがとても良いです。一気に突破できそうな予感がしています。

来年2/15,16,17の3日間、チカホのブースを予約しました。しかも2ブースも!

で、ざっと計算してみたんですよ。どのくらい経費かかるのかを。

約70万円!

な、な、ななじゅうまんえん!

ついに私もそんなに経費をかけたイベントをすることになったんですね。

ってことは、万が一、誰一人お客様が来なければ、私は70万円の損失をかぶることになります。

って今から貯めておかないといけませんね。500円貯金でもしましょうかね(笑)

半年後、どうなっているのかは全くわかりません。

今、できることを今する。

しかし、根がアホなんですよね。信じて疑わない訳です。

俺は絶対に成功する!

ってね(笑)

一気に行きます。どこまで昇ることが出来るのかわかりませんがトコトンやってみますね!

第1回占いフェス「占載一遇」←みてね!

宣伝代行サービス←みてね!

クイズ

NO.89(ひらがな問題)

〇に入るひらがなは?

た〇〇ぶ

答えはページ最下部に!

開催予定のイベント


NO.89の答え(たけやぶ)など