2018年12月7日

「1ヶ月占い放題は本当に良いと思う」

嬉しいことに、最近はそんな声が多数耳に入ってきます。

手軽さなんだと思います。

そして、お金と時間に縛られることなく、ゆっくりと占ってもらえるのが良いのでしょう。

毎日、来ても良い訳ですからね(笑)

そして、本来であれば、「お金を払ってまで占わないこと」を占ってもらえます。

つまり、そんなに深い悩みではないけど、どうしよう?かと思っていることです。

そして、よく言われるのが、「話をきちんと聞いてくれて、的確なアドバイスをもらえる」とのこと。

ん?自画自賛?(笑)

いやいや、あくまでもお客様のご意見を正直に載せたまでですからね(笑)

私は絶対に「ウソ」はつきません。「ホラ」は吹きますけどね(笑)

占うことは重要ではありません。まずは話を聞いてあげることが重要なんです。

そして、的確なアドバイスをしてあげる。

カウンセラーとしての資質がなければ、単なる自己満足で終わってしまいますからね。

一緒になって問題を解決しよう!という意識がなければ、これは成立しないんです。

たまに、お客さん側でも「この占い師、わかっているのか?」みたいに試そうとする人がいるんですよね。

そして、余計な情報は一切喋らず、占い師の出方を窺っているんです。

はっきり言って、これは時間の無駄。

キツネとタヌキの化かし合いです。

そりゃ、初めて会った、どこの馬の骨ともわからんような占い師に心を許せと言っても無理な話でしょう。

様子を窺うのも当然と言えます。

しかし、世の中にはたくさんの占い師がいます。

その全員に占ってもうらことは一生を費やしたとしても無理なことでしょう。

と言うことは、その占い師とは何かしらの「縁」があったってことなんです。

偶然に見かけた占い師に、たまたま占ってもらった。

こんなことにも「縁」があり、私はそのことにさえ「意味」があると思っています。

なので、その「縁」を大切にしたいですし、私が伝えなければならないことがあるからこそ、私の所に来られたんだと思っています。

たまに、私のために来られるお客様もいるんですけどね。

つまり、そのお客様を通じて、私に気付かせたい何かを教えるために…ってね(笑)

「ここで占ってもらうのも何かの縁」

お客様には、そう思ってもらいたいです。

そして、あなたのお悩みを解決する糸口にしてもらいたいです。

勿論、占い師側だって、心を開いてもらえるような占い師にならないといけませんけどね。

手軽に気軽に占ってもらえる環境づくり。

1ヶ月占い放題を通じて、それらが出来ると信じております。

今日は新月タロットの日。

寒空の中、お客様が占いバーへと入ってきました。

一気に「冬」って感じですからね。空気が痛いぐらいに冷たいです。

温かい店内にホッとした様子。

皆さん、スラスラと「願い事」を書かれていました。

内容は私も見ませんからね。何を書かれているのかはわかっておりません。

皆さん、願いが叶うと良いですね。

で、ずっと、常連さんたちとお話をしていました。

議題は「カバラットすすきの店」について。

最近はヒマさえあれば、物件を見ているんです。

勿論、狙いは中央区です。

さっぽろ、大通、すすきの、豊水すすきの、西11丁目、バスセンター前…

ここら辺かなと。

本当は占いカフェバーを作りたいんですよ。フードコートみたいなのをイメージしているんですけどね。

たくさんの占いブースと中央にテーブル席が多数。

でも、これはなまら初期投資がかかってしまいますからね。選択肢から消しました。

店舗を借りるのか?事務所を借りるのか?

この選択を迫られています。

占いバーは出すつもりはありません。それは麻生にありますから。

飲食をしないとなれば、事務所で良いだろうって判断です。

「占いの館カバラットすすきの店」

ってことになります。

そして、たまたま、すすきのに安い物件を見つけた訳ですよ。

とは言え、そもそも、すすきのの相場を知りません。高いのか安いのかすらもわかっていないんですけどね。

場所も悪くないし…

ただ、事務所って言うよりも住宅用の部屋なんですけどね。

シャワーとかも付いているので(笑)

12帖✖2部屋

なまら魅力的です。これなら占い師ブースなまら作れそうだし…

で、とにかく安い!

ただね…

初めて見た時、「絶対ここ、前はデリヘルの姉ちゃんの待機場だったよね?」って思いましたもん(笑)

そして、この部屋は1971年1月に建てられたそうな。

俺、1971年2月生まれなんですけど…

俺よりも先輩のこの物件に、すぐさま飛びつけない自分がいました。

実際に見て見ないと何とも言えませんけどね。

しかし、これだけ広いとVIPルームも作れそうです。完全に声をシャットアウトした部屋をひとつは作りたいですからね。

今の占いの館では2ブース作ってやっています。

会話の内容はわからないんですけど、2ブースで同時に鑑定をすると「うるさい」んですよね(笑)

そして、きっと私が敏感すぎるんだと思うんですけど、すべての音を拾おうとするんです。

勝手に耳がね。

そして、目の前のお客様とお話をしながらも、周囲から聞こえる音を拾い、頭の中がとても忙しいことになってしまうんです。

なので、それを防ぐための部屋をひとつ設けたいとは思っています。

結局、札幌は地下街がメインなのかなと。地下のテナントに入るには弱小カバラットでは無理でしょう。

地上のテナントを借りても、家賃が高い上に人も入らない。地上にいるのは中国人だけのような気がします。

狸小路はすでに外国になってしまいました。

ドン・キホーテと薬局を中心に観光客向けの街でしょう。

大通には千里眼さんがあります。

そこに出店しても、軽く吹き飛ばされそうですからね。

ライオンの縄張りに侵入していくほど、私もバカではありません(笑)

地下にテナントを持てない以上、サツエキと大通は避けるべきでしょう。そして、西11丁目やバスセンター前で勝負できるほど、カバラットの知名度はありません。

「すすきの」

となると、場所柄、飲み屋の女性さんと風俗系の女性さんたちが主なターゲットとなることでしょう。

この方たちは占い好きな人が多いです。

とにかく苦労されていますからね。嫌なことも多いんです。悩みも多いんです。波乱万丈系の人達が多いですから。

しかし、この方達がどの時間帯に来るのか?

出勤前の18:00~20:00ぐらいまでの間。もしくは、夜2:00以降~朝まで。

そうかな?

なんとなくそうは思えません。

出勤前にヘビーなガチの相談をするとは思えないんですよね。

そして、お酒の入った夜2時以降にガチの相談をしようって思いますかね?

となるといつ来るの?

休みの日にわざわざ、すすきのまで占いのためだけに来るとは思えないです。

やっぱり、すすきのは占いバーにしないとダメなのかな…

「すすきのにはたくさんの女性が住んでいるよ」

なんと!確かにそうだわ!

常連さんからの一言で一気に光が!

ガチの占いは休みの日に来るんじゃねぇ?

そして、軽い相談は出勤前に来そうだし。

なんかいけるかも…

しかし!最大の問題が!

今、昼は占いの館で夜は占いバーをやっている訳ですよ。

私一人で。

ここに、すすきの店を作ったら無理じゃない?って話。私は通えませんからね。

人が足りん…

占いバーを任せられる人。

占いの館(麻生店)を任せられる人。

占いの館(すすきの店)を任せられる人。

これ、全部を私一人でやるのは無理でしょう。

かと言って、バーも館も潰したくはないんですよね。

しかし、誰かを雇えるほど、余裕があるわけでもなく…

にしても、3店舗で1ヶ月占い放題を受けられるとなれば凄いですよね。

う~ん…

「人材とお金」

マジでもう一人自分がいたら、さぞかし助かるだろう!って思いますね。

しかし、それじゃダメなんですよね。

人に任せることが出来なければ、開運ランド建設までは辿り着けません。

つまり、私は箱を用意して、占い師さんを手配して、お客様を呼んでくると。

私がいない場所でも、それらが機能しなければならないってことでしょう。

幸いにも、私にはカバラ数秘術があります。

その人がどんな人種なのかを理解することができます。

勿論、私と合う合わないの問題が出てくるでしょう。

しかし、個人的な好き嫌いだけで会社を経営してくと個人商店から抜け出せません。

その人物に向いている仕事とそうでない仕事。

適材適所に人員配置をしていくのも社長の仕事と言えるでしょう。

でも、私に合う人とか、仕事が出来る人とか、そんなのはあんまり関係ないんでしょうね。

「信頼できる人」

信じて頼める人。

自分の名前ぐらいを読み書きできればいいんじゃないでしょうかね(笑)

その人が私にとって信頼できる人でさえあれば…

まずは「人」からです。これから先は私一人で行える範囲を超えていきますから。

そして、皆さんもご存じだとは思いますが、私、やると決まったら行動はなまら早いですからね。

年明けには、すすきの進出しているかも知れません(笑)

私の夢物語の続きを見たいと言ってくれている人。

その夢物語を実現させようと協力してくれている人。

私は進んでいかねばなりません。その人達のためにも、私の息子たちのためにも、そして、何より私自身のためにも。

あなたも私と進んで行きませんか?

その先に何があるのかはわかりませんし、何の保証もしてあげられませんけどね。

でも、きっと、楽しいことが待っているのかなと。

ワクワクするようなことが待っているのかなと。

「みんなで何かを成し遂げる!」

それが私の新月への願い事です。

開催予定のイベント