2018年12月19日

3年前・・・

勤めていた会社を辞め、占いバーを始めようとしていました。

あの頃の私には、その程度の選択肢しかありませんでした。

占いのスキルだって、今とあの頃では雲泥の差。

それは自分でも実感しています。

占いバーにはたくさんの人が来ました。そして、色んな人種の方達の鑑定をさせてもらいました。

全くど素人の私。

占い師としても未熟者(今も未熟者ですけどね(笑))

飲み屋の経験もなく、とりあえず、占いバーを始めるという、そのいい加減さ。

堅実に生きる人達からすれば、規格外の人間と言えるでしょう。

タロットは「麻生に占いバーを出せ」と告げていました。

そして、結果論ですが、その選択は正しかったと思います。

占いだけでは経営が成り立たなかったでしょうし、単なるバーだけでも潰れていたことでしょう。

見よう見まねで始めた占いバー。偶然にも経営スタイルが正解だったようです。

そんなことにも気付かずにアレコレと改善を行っていく。しなくて良いことまで…

その結果が大失敗。

そして、また改善を繰り返していく。

そんなことの繰り返しでした。

確実に私の自伝には記載されるであろう占いバーの開業。

とても、とても大きな人生の出来事でした。

「捨てる勇気」

そこそこ生きていくのであれば、会社員を続けていたことでしょう。

そんな生き方ができるのであれば、とっくにそうしていますから。

3年前…

会社を辞めて、物件を探していた日々。

状況はあの頃と同じですが、ふたつだけ違うことがあります。

ひとつは私自身。

あの頃の私と今の私は明らかに違います。

占い師としても、経営者としても。

あの頃は占いバーを開くことしか出来なかった。選択肢がそれしかなかった。

でも、今は違う。

もっと多くの選択肢があり、もっと大きな可能性がある。

そして、もうひとつ。

私には仲間が出来ました。

たくさんの協力者ができました。

会社を辞めて占いバーを開いたことで、周囲の99%の人間が去っていきました。

交友関係のリセット。

ゼロになることは悪いことではない。新しい道への第一歩。

風月さんが退去することを昨日知りました。

私は、そういう流れをとても重要視します。

現実的に風月さんがいなくなってしまってはカバラットの前を通る人は誰もいなくなるでしょう。

感覚的?直感的?衝動的?

よくわかりませんけどね。

3年前と同じ状況。でも3年前より成長した自分。

「なんとかなるべさ」

そんな短絡的な考えのもとに次のステージへと進んで行く。

捨てる勇気を持ちました。

全ての売上を捨てます。

「退去します」

私は今日、占いの館と占いバーそれぞれの大家さんに伝えました。

占いの館は2019年1月30日まで

占いバーは2019年3月30日まで

すすきのの物件はまだ決まっていません。

次の物件が決まってもいないのに麻生の2店舗を解約することは私らしいと言えば私らしいですよね。

慎重さ、計画性のかけらもありません(笑)

でも、不思議と何の焦りもありません。

3年前と同じように負ける気がしていません。

ふっと天から舞い降りてきた100万円。

私を信じて投資してくれた人がいる。

私を応援してくれる人たちがいる。

ならば…

人生の全てをかけて勝負します。

私の全財産・全運気・全精力をすすきの店に一点集中します。

今まで支えてくれた方たちへ感謝申し上げます。ありがとうございました。そして、これからも応援してもらえると嬉しいです。

自宅の部屋も解約です。そのお金をすすきの店にぶち込みます。本当の本当に私の全財産をすすきの店にぶち込みます。

ホームレスにはなりませんけどね(笑)

きっと、中央区にいることが多くなるでしょう。

麻生とは距離が遠くなってしまうかも知れません。

しかし、いつの日か、もっと大きくなって再び麻生に戻って来たいと思います。

その日まで一度カバラット麻生店は閉店とさせて頂きます。

来年が勝負の年。

大ブレイク(break)しているか?

大ブロウクン(broken)しているのか?

一点勝負します!

占いの館は2019年1月30日まで

占いバーは2019年3月30日まで

残り少なくはなりましたが、お越し下さいね。

開催予定のイベント