2018年11月18日

パワースポットツアー(小樽編)に行ってきました!

今回はお客様2名と私の3人旅。

8:00に占いの館を出発!

高速は使いませんでした。国道をゆっくり走って約1時間で住吉神社到着!

なまら広いし、デカい!

せたけ石

「子は国の宝」

大神様にこども達の成長を見守り戴き、今後益々の育成向上を念するものです。また「世長け」とも言い、万人の長寿長命をも祈念するものであります。

全くの同感です。子は国の宝です。

その後、水天宮へ。全く土地勘がないものでカーナビ頼り(笑)

丘の上ってより、ほとんど山の上(笑)

景色は良いんですけどね…

入口がよくわからなかったんです。裏口に停めてしまい、大失敗!

急こう配の階段。しかも、手すりなし。しかも、落ち葉あり。

そもそも高所恐怖所の私。なまらビビりながら一段一段をゆっくりと上り下りしてきました。

今までの神社ではすべて御朱印をもらってきました。

この水天宮で初の「印刷もの」の御朱印となりました。

そんな御朱印もあるんですね。初めて知りました。

本殿の隣に小さな稲荷大社があるんです。

勿論、そこも参拝してきました。

しかし、残念ながら、右のキツネさんは左耳がないし、左のキツネさんは首に亀裂がはいっているし…

撫でてきました。なんか可哀そう…

地獄の階段をクリアし、次は龍宮神社へ!

小樽駅のすぐ近くにありました。

にしても小樽は道が狭くて急なんです。

どっから、入れば良いの?

ぐるぐる、グルグル。

幼稚園発見!なまら狭くて急な小道があります。

もしかして…

どうやら、そこから入れってことでした。

ここは麻生太郎さんが参拝に訪れた1か月後に総理大臣になったと言われる「出世」の神社となっております。

そのそも、榎本武揚さんが関係しているみたいなんですよね。なので、麻生さんの前から立身出世の神社として有名だったようです。

天に龍が登るが如く…

麻生さんが植樹した木を触ってきました。もう、何から何までゲン担ぎ?(笑)

面白いことに、この神社は同じ敷地内に幼稚園があります。

境内の隣に滑り台があったり(笑)

にしても、この小樽は「子ども」絡みなの?

住吉神社では「せたけ石」に子は国の宝とか書いてあるし、水天宮は水の神様。母の胎内?羊水?なのか子授けや安産にご利益があると言われ、この龍宮神社では同じ敷地内に幼稚園があるんですからね。

全部、子どもが関係しているように思えてなりません。

でもね…

これは全くの私の個人的な感想なんですけどね。あんまし、ビビッとくるものがなかったんです。

きっと、私には合わないのかなって…

小樽は海、つまり水に絡む神様がたくさんいると思われます。

私、あんまし、水が好きでないんですよね…

うお座ではあるんですけどね(笑)

しかし、いずれも大きなパワーを持った神社であることには違いありません。特に住吉神社は大きいかなと思いました。

人生を見つめ直しに、荒波を眺めに行くことにしました。

祝津の海。にしん御殿のある場所の高台です。

風が強い!

海を眺めるのは好きなんですけどね。遠い世界を感じることができますからね。

こう見えて、私はロマンチストではあるんですよ。

でも、寒いから退散!

青塚食堂へ行って来ました。

頼んだのは勿論、にしん定食1,390円也!

にしん、なまらデカいわ!30cmぐらいはあるよね。

にしんは勿論のこと美味しかったのですが、塩辛と松前漬けが絶品。

手作り感ハンパなしって感じで私は大好きですね。

勿論、スーパーで売っている庶民的な塩辛も大好きですけどね。

11:30ぐらいに青塚食堂に行ったんですけどね。

ちょうど店の前に着いた時、一台の観光バスが到着!

まじっすか…

中から出てくるわ、出てくるわ。

中国人と思われる御一行様が青塚食堂に入っていきました。

危なく満席になる前に入ることが出来ました。

しかし、我々の10分後ぐらいにはすでに満席になっていましたからね。やはり青塚食堂は11:00ぐらいから行った方が良いでしょう。12:00には入れませんからね。

なまらお腹いっぱい…

次は、予定していなかったけど「天狗山」に行くことにしました。

天狗山の山頂には天狗山神社があり、そこは猿田彦神社と関係しているそうな。

これは行かないわけにはいきません!

で、ナビをセットして、天狗山に向かいました。

運河通りやオルゴール堂の前は多くの観光客の姿。

ここが外国で我々が異人さんみたい?(笑)

そんな光景を横目に天狗山に向かいました。

で、ここで、不思議なことが…

ナビには目的地「天狗山」でセットしました。

私は小樽の地理感が乏しく、道がよくわかっておりません。

まったく、ナビ頼りだったんですけど、明らかにおかしなことが!

道路の標札に「天狗山右へ」と書かれているのに、ナビは左に進むように指示するんです。

さて?どっちを信じれば良いの?

ナビの意見を却下しました。

そして、道路の看板通りに進むも迷子になってしました。

最上2丁目までは辿り着いたんですけどね(笑)

きっと、かなり近くまでは行ったんだと思います。

小樽の方なら、最上2丁目で私がどこに行ったのかわかるんでしょうけどね。

で、仕方ないので、ナビを「目的地天狗山」と再セットし、案内スタート。

すると、明らかにおかしな案内をしているんです。

真っ直ぐ行けば良い所を、左折→右折→右折→左折と案内するんです。

いやいや、俺がどんだけ方向音痴だったとしても、これはおかしいわ!

しかし、今は頼れるものが、このカーナビだけ。

小樽という異国の地で迷子になった訳ですからね。

カーナビ様の言うことは絶対です。

仕方ありません、左折→右折→右折→左折と進んで行きました。

次を右折し、その次を左折し…

指示に従って行ったんです。するとドンドン遠ざかっていくような気がしたんですけどね。

しかし、カーナビ様のお言葉は絶対です。従って行きました。

10分ぐらい走った所でしょうかね?さすがにここは違うぞ!ってなりまして。

だって、「この先水源地」って書いてあるんですもん!

さすがに違うと思い、車を停車しました。

と、その瞬間、私のスマホに電話がありました。

東京からの会社の電話。

「ごめんなさいね。今、出先で運転中でして…」

すぐに電話は切ったんですけどね。

なんか怖くなりました。

あの電話はあのタイミングでしか出ることが出来ませんでした。ちょうどUターンをしようと停止した一瞬にかかってきたんです。

まるで、催眠から解くための電話だったかのよう。

ってかさ、マジで怖いんですけど。向かってる先が水源地ってさ…

またしても「水」じゃん!

そもそも、カーナビは天狗山ってセットしてるんですけどね。間違って水源地ってセットしたのかな?とも思ったんですけどね。

再確認してみてもやはり目的地は天狗山になっているんです。

こんなことあり得ないよね?

もう、こうなったら、私の取るべき道はただひとつ。

撤退。

スムーズに事が運ばない場合は、即撤退することにしています。

しかも、何かに導かれて水源地に連れていかれているような気がしてなりません。

「ダメだよ!そっちに行ったら!」

あの東京からかかってきた電話がそう言っていたように聞こえてなりません。

確かに、「はっ」として意識がリセットされましたからね。

ありがとう、電話のお姉さん。

って、誰だっけ?どこの会社の人なのかすら覚えていないんですけどね。

全く、すべてが幻だったの?

「お前が天狗山に行くにはまだ早い」

そういうことでしょう。きっと、まだその時期ではないってことですね。

一目散に札幌へ。

で、さらに怖いことが。

ナビの切り方がわからず、ずっと案内をし続ける訳ですよ。

銭函インターから高速に乗り、小樽方面へ向かえと。勿論、ナビが示しているのは水源地なのでしょう。

「こっちにおいで、こっちにおいで」

と言われているような気がしてなりません。

キャー!ホラーです!ブルブルガクガク

無事に札幌到着!

その後、占いの館で10分鑑定をしました。

これで小樽ツアーが終了です。

にしても、あのまま水源地に行っていたらどうなっていたんでしょうかね?

絶対に良くないことが起こっていたはずですよね。

今回は不動明王様に守られたって感じです。

恐るべし、小樽…

小樽のツアーは来年の夏ぐらいにまた企画したいと思います。

その時、私が水源地に向かったとすれば…

開催予定のイベント