2018年10月3日

4:45

ホテルを出て、伊勢神宮(外宮)へ。

開門は5:00からです。

って、日の出は5:45とテレビで言っていました。

まだ暗いし…

それでも地元の方と思われる人たちが参拝しているんですよね。手にライトを持って。

きっと日課になっているのでしょうね。

正宮→多賀宮→土宮→風宮

参拝順はこのようになります。

正宮がメインとなるのですが、そこには詰め所のようなものが設置され警備員?監視員?のような制服を着た男性が立っていました。

とりあえず、正宮で参拝を済ませた所、その警備員の方が話かけてきました。

開門は5:00であるけど、正宮の門が開くのは夜明けとのこと。

気象庁が発表している日の出よりも実際の現場の日の出を採用するってことですね。

天照大御神様は太陽の神様。陽が沈んでいるっていうことは、お休み中?ってことなんでしょうね。だから、夜が明けるってことは天照大御神様が起きたってことなのでしょう。

「どちらかのご参拝ですか?」

「札幌から来ました」

私が気に入られたのか?はたまた、お喋り好きな人だったのかはわかりませんが、詳しい説明を受けることになりました。

気が付けば、夜が明けていました。

目の前にはコロコロチキチキペッパーズのナダル似のおじさんが必死に私に説明をしてくれています。

あっ!こんな顔の人だったんだ…

きっと向こうも、目の前にいる人が金髪のヒゲおやじであることに驚いたことでしょう。

最後に、お神札授与所に行きました。

御朱印帳…

どうしよっかな…

札幌では毎月、神社ツアーに行っております。しかし、御朱印をもらったことはありません。

御朱印っていうのは、いわばスタンプラリーみたいなもんでしょう。

「ご朱印はスタンプラリーではありません。きちんと参拝後にもらうように」と札幌の諏訪神社では書かれていますけどね(笑)

行った神社やお寺などで日付とハンコ?スタンプ?を押してくれるんです。場所によっては異なりますが北海道神宮は500円だそうです。

折角、伊勢まで来たんだから…

御朱印帳を買いました。

6:30

伊勢神宮(外宮)をあとにしました。

その後、ホテルに戻って朝食。

8:00にチェックアウトしました。

このパターンは良かったと思います。きっと、今後も採用されることでしょう。

朝4:00に起きてから開門と同時に参拝し、その後、ホテルで朝食を食べる。

朝飯前に一仕事終えた気分でした。

もう、伊勢のバスも怖くありません。駅前から伊勢神宮(内宮)行きのバスに乗りました。

昨日はおかげ横丁に行くために内宮のひとつ手前の「神宮会館前」というバス停で降りました。340円。

今日は最終である「内宮前」というバス停まで行きます。

手には340円を握りしめていました。降りる時に支払う形式のバスでしたからね。

そして、新宮会館前のバス停を過ぎ、内宮前に着いた瞬間、なんと340円→430円と一気に90円アップ!

ま、まじっすか!たった1区間、しかもラス前からラストにかけてに上がるの?

慌てて小銭を用意し直しました。

まとめ

伊勢駅前→新宮会館前340円

伊勢駅前→内宮前430円

おかげ横丁に行く場合は新宮会館前で下車

伊勢神宮に行く場合は内宮前で下車

8:30

伊勢神宮(内宮)を参拝。

前にも書きましたが、ここは絶対に昔、来たことがある場所だと思っています。

初めて来た時、とても懐かしく感じた場所なんですよね。

今回は人生で2回目。

22才の時に来て以来ですから、ほんの25年ぶりに来たことになります。

超巨大な日本庭園って感じです。どこも手入れされ、きれいに管理されています。

ちなみに外宮は左側通行で内宮は右側通行となります。

順番としては、

宇治橋→神苑→第一鳥居→五十鈴川御手洗場→瀧祭神→正宮→御稲御倉→荒祭宮→風日祈宮→神楽殿→参集殿→子安神社

約90分コースです。

今回の私の場合は8:30にスタートして10:15に終了しています。かなりゆっくり回って1時間45分でした。

ここは何といっても正宮がメイン。日本の神様の頂点に君臨される天照大御神様がいますからね。

正宮を参拝していた時はずっと誰かに見られていました。猿田彦神社で感じたようなビリビリ感はなく、とても穏やかな感じ。二つの目だけをずっと感じていました。

お神札授与所。外宮で御朱印帳を買いましたからね。勿論、内宮でも御朱印をお願いしました。

で、そこにお札がひとつだけ入る大きさの神棚が売ってあったんですね。

ほ、欲しい…

占いバーと占いの館には伊勢神宮、北海道神宮、新琴似神社、諏訪神社、伏見稲荷神社、西野神社のお札を飾っています。

でも、新琴似神社でもらった紙でできた入れ物に入れているんです。

前々から、ちゃんとした木製の神棚が欲しいと思っていました。

でも、これなら北海道でも買えるよな…

天照大御神様のお札だって北海道のどの神社でも買えるし…

昨日、おかげ横丁に行った時に招き猫屋さんがありました。大きな招き猫から小さな招き猫まで、たくさん。

ほ、欲しい…

どでかい招き猫が欲しい…

この後、招き猫を買いに行こうと思っていましたが、小型の神棚を見つけ一気に私の購買意欲はそっちに!

✖招き猫<神棚〇

瞬殺。勝負になりませんでした(笑)

そもそも占いのお店で招き猫ってのも、おかしいいんですけどね。

病院に招き猫が置かれているようなもんですから。

で、結果として、大正解でした。

北海道でも買えるお札は紙製です。しかし、伊勢神宮のお札は木製?でした。大きさも一回り大きく何より重いんです。

しかも、その神棚の裏面に「神宮」との焼き印がありました。

もう、大感激です!

伊勢神宮で買うから意味がある。

なんかそんな感じがしました。

勿論、占いの館と占いバーの2つを買いましたが、ここで問題が!

「内宮の天照様と外宮の豊受様のふたつのお札を入れる方が良いんですよ」

お神札授与所のお兄さんにそう言われ、慌てました。

外宮でお札買ってきてないし…

そもそも、神棚をここで買うつもりはありませんでしたからね。招き猫の予定でしたから。

「外宮と内宮、ふたつ合わせてが伊勢神宮ですから」(合掌)

なんと!セット商法!上手いことやりやがる!

とも思いましたが、神様に対してそんな失礼なことを思ってはいけません(笑)

もう、こうなりゃ、もう一度外宮に戻ってやる!

伊勢市内の様子にも詳しくなっていますからね。帰る前に寄ることも可能ですから。

最後は宇治橋を渡って、はい、さようなら。

最後から二つ目の柱?を触るとまた来れると言われています。

なまらベタベタ触ってきました(笑)

10:30

開店と同時に伊勢うどんの店「岡田屋」さんに入りました。とても美味しかったです。

招き猫屋さんに行きました。

本当は黒猫が欲しかったんです。

「ごめんよ、黒猫さん。今回は連れて帰れないよ。君の予算は神棚に変わってしまったからね…」

また、いつか会う日まで…

展示されていた黒猫にお別れを告げ、おかげ横丁をあとにしました。

もう、私の中では猿田彦神社が急上昇しています。

昨日は夕方に行って来ましたからね。やはり、ここも午前中に行きたいです。

猿田彦神社に着くと、昨日とは様子が異なっていました。多くの参拝者が一か所に集まってるじゃありませんか。

何?何があるの?

とりあえず、参拝をして、そのみんなが集まっている場所に行ってみました。

方位石でした。昨日は暗くて気が付きませんでした。

仕事運「亥→卯→未」

金 運「巳→酉→丑」

家庭運「申→子→辰」

人気運「寅→午→戌」

希望する運気をアップさせたい場合、順番通りに3か所触るんですね。勿論、私は「亥→卯→未」とかなり強く触ってきました(笑)

で、勿論、御朱印。伊勢神宮も猿田彦神社も300円でした。

やはり、猿田彦神社は大好きです。私にとっては伊勢神宮よりもこっちの方が合っているような気がしてなりません。

なので、伊勢に来た際には必ず立ち寄りたいと思います。

昨日は暗闇の中、バス停を求めて歩き回りましたからね。しかし、今日は学習していますよ。昨日歩いた方向とは逆の方向へ歩くと、すぐにバス停を発見しました。

人生面白いもんですよね。

右に行けば、すぐにバス停。左に行けば、延々と歩くことになると。

つまり、昨日の私は1/2の選択を間違えた訳です(笑)

しかし、人間は学習する生き物です。昨日の間違いが今日に活きているってことですからね。

だから、ドンドン失敗すれば良いんです。失敗を恐れずにね。ほんのちょっと、足の裏とかかとに水膨れができたぐらいですから(笑)

って、1/2でハズすってさ。マジで腹立つわ!なまら足痛いし!

今回は、すんなりバスに乗り、もう一度、外宮へ。

豊受大御神様のお札を買ってきました。

考えてみれば、こっちのお札は北海道では買えないかも…

やはり、こちらも木製?でした。大きいし紙とは違って重いし。

お昼過ぎ。まだ少し時間があるけど、もう帰ろう。

だって、もう足が限界。歩けないから…

予定より1時間前に伊勢を出ました。

今度はちゃんと近鉄に乗りました!伊勢→津

「さようなら伊勢!また来るからね!」

そして、津から高速船乗り場である津なぎさまちまで。

津駅前できょろきょろしてみました。「昨日のタクシー運転手さん、いないかな…」

ほら、昨日、550円多くもらってしまいましたから。もし、いたら返そうと思ったんですけどね。

そんなに簡単に見つかるはずもなく、津駅をあとにしまた。

高速船は一時間に1本となっております。11:00,12:00,13:00…

って、どうして、14:00だけないの?

津なぎさまちに着いたのは13:30頃。次は15:00.

マジで?ここで1時間半も待たないといけないわけ?

伊勢を1時間早く出てきたけど、ここで帳尻が合うんですね。

そんなことを言っても仕方ありません。オープンカフェがあったのでそこで時間潰しをすることにしました。

そして、凄いことが起きました。

何と運がついたのです!

オープンカフェで海を眺めながらビールを飲んでいたんです。その時、空から何かが降ってきました。

何だろ?

すぐには気が付かなったんですけどね。フェリーに乗って、暑くなったもんだから上着を脱いでびっくり!

カモメ?のフンらしき白いものがついているじゃありませんか!

これが伊勢神宮の「運」なのか、はたまた猿田彦神社の「運」なのかはわかりませんけどね。とにかく、私は「運」がついたんです!

さすがに、すぐ拭き取りましたけどね。

15:45

中部国際空港(通称セントレア)に着きました。

17:30

AIR ASIAで新千歳空港へ向けて出発。

今度は10分早く到着しました…

20:30

占いバー到着。

伊勢の国から現実の国へ。

でもね、なんか感覚がおかしいんですよね。今まで当たり前に暮らしてきたこの麻生がとても他人事のような気がしてならないんです。

まるで自分が伊勢に住んでいて旅行で札幌に遊びに来たような感覚なんです。

なんか不思議ですね。そして、上手く説明できませんが細かいことはどうでも良くなってきました。

今までの私は、日々の売上や生活にばかり目を向けて現実を生きていたのでしょう。

きっと価値観が変わったのだと思います。

「もっと余裕を持って生きなさい」

そんなことが今回のお伊勢参りで教わったような気がしますね。

って、すでに私の中で伊勢はとても身近な場所になりました。

占いバーに常連さんが3人ほど来てくれました。早速、みんなで買ってきた赤福を食べました。

「出雲大社の方が良い」

そりゃ、毎年11月に出雲大社ツアーは良いと思いますよ。でもね…

やっぱり私は伊勢神宮派の人間だと思います。

出雲大社に1回行くなら伊勢神宮に2回行きたいと思うんですよね。

まっ、出雲大社は一度も行ったことがありませんからね。実際に行ってみたら、「やっぱ出雲大社だわ!」とか言ってそうですよね(笑)

絶対にまた伊勢神宮には行きます。今回とはスケジュールが異なるかも知れませんけどね。

残念ながら、食事は名古屋でする方が良いのかなって思っています。

名古屋城も行ってみたいし、何より熱田神宮には行きたいですからね。

三種の神器である「草薙の剣」が奉納されていますから。実際に我々が見ることはできませんけどね。

名古屋城と熱田神宮に行って、名古屋で美味しいものを食べてから夜までに伊勢に入ると。

で、朝5:00に開門と同時に参拝しますから(笑)

まだ詳しく計算はしていませんが、今回の旅費としては交通費および宿泊代だけで約3万5千円ぐらいでした。

飛行機は格安航空でホテルはビジネスホテルです。

3万5千円の中には余計なタクシー代とかも入っていますからね。上手くやれば3万円ぐらいで済みそうです。

その他、飲食代、お守り代、お土産代なんかがかかってきます。

総予算5万円もあれば大丈夫でしょうね。

次回行くときは、前もって皆さんにご案内いたしますね。みんなで一緒に行きませんか?

猿田彦神社と伊勢神宮はメッチャクチャ、パワースポットです。超おすすめです!

開催予定のイベント