2018年10月20日

長男が占いの館に立ち寄ってくれました。

バイト帰りだったようです。

孫のハルトくんは順調に成長している模様。親子3人で仲良くやっているようです。

長男も春から社会人。本当の意味での大人となります。

色々と話をしました。

仕事に対する姿勢、考え方、注意点、アドバイス…

一応、私も占い師なんてことをしているもんですからね。そこら辺のアドバイスはできる訳でして(笑)

社会に出て、たくさん苦労することもあるでしょう。しかし、それらを避けて生きていくことは出来ません。

「やりたいように生きろ」

一度っきりの人生。やりたいことをやってみるべきです。

死ぬこと以外は最悪なことではない。

ビビることはない。思いっきり生きろ。

それが私が息子にかけた言葉です。

長男が就職活動をしていた時のことです。

とある大企業にエントリーしたと聞きました。

しかし、残念ながら、その結果は不採用だったんです。

どうも、妻子がいることがマイナスに判断されたようでした。

残念だったな…

とは思いませんでした(笑)

むしろ、「そうか!落ちたのか!」と嬉しくなったものです。

息子の就職が上手くいかなかったのを喜ぶ親ですよ、私は。

ひどいもんですよね。

そんな大手企業に勤めてしまったら、そこで落ち着いてしまうじゃありませんか!

私の考えは、まともな親の考えるものとは異なりました。

子どもたちが小さかった頃、よく一緒にテレビゲームをしていました。

「幕張のネズミーランドはお父さんが買うからな」

「ダメだって、ネズミーランドは僕が買うから!」

「どっちでもいいよ。俺は横浜の自動車会社を買うから」

確か、ほんの5000億ぐらいだったような…(笑)

私は今でもそれをしているんですよね。この現実の生活でネズミーランドを買おうとしている訳です。

やりたいことはたくさんあります。

たくさんの会社を作り、たくさんの事業を行いたい。占いに関することも、それ以外のことも。

次男は今、公認会計士の資格を取得しようと勉強中です。

株式会社カバラットを作り、そして、その本体を長男に。私はガンガン子会社を作りまくっていく訳です。

で、それらの全ての経理系の仕事を次男に任せると。

「お父さん、いつか開運ランド作るから。アホみたいに大きな招き猫とか作ってさ…」

「ネズミーランド?」

アホな親の夢物語ですね(笑)

しかし、本人的には全くマジで考えていますから。

親子3人でリアルに桃電することを(笑)

やっぱり私は占い師というより実業家の方なんでしょうね。

アホは死ぬまで治りません(笑)

開催予定のイベント